[市場動向]

豆蔵HD、業務自動化サービス子会社「ROBON」を設立、第1弾は法人税申告業務の自動化

2019年4月2日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

豆蔵ホールディングスは2019年4月2日、専門家の知識が必要な業務領域をソフトウェアによって自動化し、これをサービスとして提供することを目的とした子会社、株式会社ROBON(ロボン。本社:東京都新宿区)を同年4月1日に設立したと発表した。

 ROBONは、専門家の業務知識が必要な分野をソフトウェアで自動化してサービスとして提供する“Automation as a Service(AaaS)”の会社である(記事末の表1)。第1弾として、法人税申告業務の自動化サービスを2019年度末までに提供する。

 法人税申告業務の自動化サービスは、会計ソフトやERP(統合基幹業務システム)ソフトで会計処理したデータを、法人税申告ソフトに対して自動で連携させる。これにより、法人税申告業務の負荷を軽減する。将来的には、税務分野だけでなく、ソフトウェア開発分野の自動化も視野に入れる。

 なお、ROBONでは、自社の働き方改革の一環として、自社のすべてのITリソースをクラウド上で運用・管理する。これにより、いつでも、どこでも働ける環境を実現するとしている。

表1:新会社「ROBON」の概要
商号 株式会社ROBON(ロボン)
所在地 〒163-0726 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル26階
設立 2019年4月
代表者 代表取締役社長 荻原 紀男
資本金 8000万円
株主構成 株式会社豆蔵ホールディングス 100%
関連キーワード

AssS / 豆蔵 / ROBON

関連記事

Special

-PR-

豆蔵HD、業務自動化サービス子会社「ROBON」を設立、第1弾は法人税申告業務の自動化豆蔵ホールディングスは2019年4月2日、専門家の知識が必要な業務領域をソフトウェアによって自動化し、これをサービスとして提供することを目的とした子会社、株式会社ROBON(ロボン。本社:東京都新宿区)を同年4月1日に設立したと発表した。

PAGE TOP