[新製品・サービス]

ビーウィズ、月額3万円(300枚)の小ロットから利用できるデータ入力BPOサービス

2019年4月2日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

パソナグループのビーウィズは2019年4月2日、1カ月あたり数十枚から数百枚といった小ロットのデータ入力業務を代行する小規模BPO(Business Process Outsourcing)サービス「ANNIM(アニム)~みんなで使って育てるAI-OCR」を発表、同日提供を開始した。PDF化した帳票画像をOCR(光学文字読み取り)処理でテキスト化してくれる。最安価プランは月額3万円で、データ項目100項目までの帳票を300枚までテキスト化できる。

 ANNIM(アニム)~みんなで使って育てるAI-OCRは、1カ月あたり数十枚から数百枚といった小ロットのデータ入力業務を代行する、小規模BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスである。手書き帳票をPDF化してアップロードするだけで利用できる。クラウド上でAI-OCRを用いてテキスト化し、CSV(カンマ区切り形式)テキストの形でオンラインで納品する(図1)。

図1:ANNIM(アニム)~みんなで使って育てるAI-OCRの処理の流れ(出典:ビーウィズ)図1:ANNIMの処理の流れ(出典:ビーウィズ)
拡大画像表示

 急に発生した帳票作成やデータ入力などの業務に対し、社内に人員を確保することなく対処できるようになる。サービスのコンセプトは「課長係長クラスで決裁できるマイクロBPO」であり、月額3万円からの定額料金で利用できる(表1)。また、オンラインで申し込めるため、各職場で業務量が急増したその日から業務を開始できる。最短で4時間で納品可能としている。

表1:ANNIMの利用プラン
プラン エントリー ライト スタンダード
データ項目数 100項目まで
月額費用(税別) 3万円 10万円 30万円
データ帳票枚数 300枚 1000枚 5000枚
超過分の追加料金(1枚あたり) 150円 75円 60円
帳票テンプレートの追加(1種類あたり) 5000円(1カ月1種類まで無料)
基幹システム連携 なし(別途見積もり)
スキャン代行 なし(別途見積もり)
関連キーワード

OCR / ビーウィズ / BPO / AI-OCR

関連記事

Special

-PR-

ビーウィズ、月額3万円(300枚)の小ロットから利用できるデータ入力BPOサービスパソナグループのビーウィズは2019年4月2日、1カ月あたり数十枚から数百枚といった小ロットのデータ入力業務を代行する小規模BPO(Business Process Outsourcing)サービス「ANNIM(アニム)~みんなで使って育てるAI-OCR」を発表、同日提供を開始した。PDF化した帳票画像をOCR(光学文字読み取り)処理でテキスト化してくれる。最安価プランは月額3万円で、データ項目100項目までの帳票を300枚までテキスト化できる。

PAGE TOP