[新製品・サービス]

MeeCap、PC操作ログからRPAに適した業務を抽出するプロセスマイニング機能「HappyPath」を提供

2019年4月5日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

MeeCapは2019年4月5日、PCの操作内容を記録して可視化するソフト「MeeCap(ミーキャップ)」を強化し、RPA(ロボットによる業務自動化)に適した業務プロセスを抽出するプロセスマイニング機能「HappyPath」を追加したと発表した。新機能は、2019年4月1日から提供している。

 MeeCapは、オフィスワーカーの日常業務におけるPC操作などのビッグデータを収集し、生産性の低下、業務分担の偏り、ナレッジの散逸などの課題を抽出して可視化するソフトウェアである。非効率的な業務を改善できるとしている。RPAを導入する前の業務プロセス分析や、導入後の効果分析にも向く。

 PCの操作内容をCSV(カンマ区切り形式)データに記録する。タイムスタンプ、アプリケーションの名前、Webブラウザで見たURL、入力したキーの種類、参照フォルダ名、マウスの座標、などのデータを記録する。こうして記録・収集したビッグデータを分析する機能も提供する。

 データ分析の例として、個別システムのログデータとMeeCapのログデータを突合することによって、業務特性に応じた作業時間とコストを集計できる。各作業の期待収益と作業時間を比べることもできる。また、ユーザー単位で作業傾向を把握し、業務効率のよいメンバーを特定できる。これにより、紙を出力しない人ほど業務処理件数が多いことなどが分かる。

 今回の機能強化では、収集したPC操作ログを元に、自動的に業務プロセスをフロー図として表示するHappyPath機能を追加した(画面1)。RPAに適した繰り返し行われる作業などの典型的な業務プロセスや、例外的な処理フローなどを抽出できるとしている。

画面1:HappyPath機能の画面イメージ(出典:MeeCap)画面1:HappyPath機能の画面イメージ(出典:MeeCap)
拡大画像表示

 使い方はこうだ。まず、既存の自動レポート機能を使って、長時間かかる業務や、繰り返し作業を含む業務、日常的に発生する業務などを自動的に抽出する。次に、抽出した業務のプロセスを、HappyPath機能を用いて自動的にフロー図化する。

 業務プロセスごとの作業手順や、業務間の連携が明確になるため、RPAを導入する際に必要な、業務の棚卸しができる。これにより、RPAの推進担当者や現場の業務担当者の負担が減る。また、現在の業務作業の実態を把握できるため、RPAを導入することによる業務作業時間の投資対効果も予測できる。

関連キーワード

MeeCap / プロセスマイニング / RPA

関連記事

Special

-PR-

MeeCap、PC操作ログからRPAに適した業務を抽出するプロセスマイニング機能「HappyPath」を提供MeeCapは2019年4月5日、PCの操作内容を記録して可視化するソフト「MeeCap(ミーキャップ)」を強化し、RPA(ロボットによる業務自動化)に適した業務プロセスを抽出するプロセスマイニング機能「HappyPath」を追加したと発表した。新機能は、2019年4月1日から提供している。

PAGE TOP