[調査・レポート]

国内IaaS/PasS市場は堅調に推移、2019年は前年比131.3%の4200億円─矢野経済研究所

2019年4月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

矢野経済研究所は2019年4月8日、国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場を調査した。市場規模の推移と予測、クラウドベンダーの動向、新サービスの普及状況などを明らかにした。

 2018年の国内クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場(事業者売上高ベース)は、既存システムのクラウドへの移行が市場を牽引する形で堅調に推移し、2017年比で133.3%の3200億円と推計している。また、2019年は2018年比131.3%の4200億円に達する見通し(図1)。

図1:国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の推移と予測(出典:矢野経済研究所)図1:国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の推移と予測(出典:矢野経済研究所)

 クラウド基盤サービスは、年商数百億円以下の中堅・中小企業においても一般的なサービスとなった。ユーザー企業がパブリッククラウドやオンプレミスなどのシステム環境を組み合わせて使い分けるハイブリッドクラウドも増加基調にある。

 IoTやAIなどのデジタル技術をビジネスに活用する基盤としてのクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスの活用は、期待されたほど大きな効果を生んでいない。2018年は、総じてPoC(概念実証)が中心だった。

 しかし、2018年下期以降、デジタル変革の取り組みを現実のビジネスに適用する芽が出始めた。デジタル変革はPaaSの拡充とともに、2019年にはクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場を成長させる大きな要因の1つになるとしている。

関連キーワード

矢野経済研究所 / IaaS / PaaS / 市場調査

関連記事

Special

-PR-

国内IaaS/PasS市場は堅調に推移、2019年は前年比131.3%の4200億円─矢野経済研究所矢野経済研究所は2019年4月8日、国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場を調査した。市場規模の推移と予測、クラウドベンダーの動向、新サービスの普及状況などを明らかにした。

PAGE TOP