[新製品・サービス]

リコー、Alexa for Businessでオフィス機器を音声操作するサービスを提供

2019年4月9日(火)IT Leaders編集部

リコーは2019年4月8日、オフィス機器の新たなユーザーインターフェースとして、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供する「Alexa for Business」を中核にした、スマートスピーカーを用いた音声操作サービスの提供を開始すると発表した。

 第1弾として、リコーの新世代複合機「RICOH IM C」シリーズを音声で操作する「RICOH Intelligent Voice Control」を2019年夏に米国市場で提供開始する。Alexa for Businessの展開に合わせて順次提供地域を拡大していく考えだ。

 RICOH IM Cシリーズは、クラウドサービスとの連携を強化した新世代複合機である。業種業務に知見を持つパートナーとの連携を強化しており、クラウド基盤「RICOH Smart Integration」を介して最新のクラウドサービスと連携することで、様々な業種業務のワークフロー改善を支援する。

 Alexa for Businessは、組織や従業員がAlexaをインテリジェントなアシスタントとして使用することで効率向上を可能にするサービスだ。複数の設定が必要なコピーやスキャン操作の際にも、スマートスピーカーに音声で指示することが可能になり、業務の生産性を向上できる。

関連キーワード

リコー / Alexa / AWS / 複合機

関連記事

Special

-PR-

リコー、Alexa for Businessでオフィス機器を音声操作するサービスを提供リコーは2019年4月8日、オフィス機器の新たなユーザーインターフェースとして、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供する「Alexa for Business」を中核にした、スマートスピーカーを用いた音声操作サービスの提供を開始すると発表した。

PAGE TOP