[新製品・サービス]

トレタ、飲食店の顧客行動データのAI自動ラベリング技術を開発

2019年4月16日(火)IT Leaders編集部

飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売するトレタは2019年4月15日、飲食店予約や喫食の行動データ分析を効率的に行うための、AIを活用したデータラベリング技術を開発したと発表した。飲食店に蓄積された大量の顧客データや喫食データに、フードやドリンクなどのカテゴリー情報を自動的に付与できる。

 トレタが開発したのは、AIを活用したデータラベリング技術(図1)で、食品・飲料メーカーや外食チェーンに向く。地域別・業態別・店舗別・客単価別の顧客属性ごとの喫食行動を分析したり、飲食店が自社データと市場データを比較し自社の課題発見やメニュー開発に活用したりできる。

 「エリア内の居酒屋業態ではどのようなメニューカテゴリーがどれくらい、どんな層に注文されているのか」、「1組当たりのドリンクカテゴリー別注文量はどのくらいなのか」などを把握できる。

図1:AIを活用したデータラベリング技術の概要(出典:トレタ)図1:AIを活用したデータラベリング技術の概要(出典:トレタ)
拡大画像表示

 データ分析では、データを活用できる状態にすることが重要なポイントある。しかし、外食産業はデータの形式にバラツキが多く、データの活用が難しい。トレタは、飲食店に蓄積されたデータを活用できる状態にすることが大きなテーマと考え、同技術を開発した。

 トレタでは、同技術を活用したBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアを2019年夏頃に提供する予定である。マイクロソフトの「Power BI」をBI基盤に利用し、AI技術は「Azure ML Service」を活用する。

 トレタは、2018年12月からNTTドコモグループの一員となっている。将来的には、NTTドコモの「dアカウント」と連携を図りながら、外食産業におけるデータの質と価値を高めるトライアルも実施していく。

関連キーワード

トレタ / 外食 / マーケティング / Power BI / Microsoft / Azure

関連記事

Special

-PR-

トレタ、飲食店の顧客行動データのAI自動ラベリング技術を開発飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売するトレタは2019年4月15日、飲食店予約や喫食の行動データ分析を効率的に行うための、AIを活用したデータラベリング技術を開発したと発表した。飲食店に蓄積された大量の顧客データや喫食データに、フードやドリンクなどのカテゴリー情報を自動的に付与できる。

PAGE TOP