[新製品・サービス]

オフコン「IBM i」で流通BMS、ネオアクシスがJX手順クライアントにXML変換機能を追加

2019年4月17日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISインテックグループのネオアクシスは2018年4月17日、日本IBMのオフコンOS「IBM i」(ハードウェアは「Power Systems」)で稼働するインターネットEDIソフト「Toolbox JXクライアント」の機能強化を図り提供を開始したと発表した。別途ファイル変換機能などを作り込まなくても流通BMSを使えるように、データを固定長フォーマットからXMLに変換する機能を追加した。価格(税別)は据え置きで、CPUのグレードによって異なり、22万円からとなっている。

 Toolbox JXクライアントは、オフコンのIBM i上で動作するインターネットEDI(電子データ交換)ソフトである(関連記事オフコン「IBM i」でインターネットEDI、ネオアクシスがJX手順のクライアントソフトを販売)。EDIプロトコル「JX手順」のクライアントソフトである。INSネット(ISDN回線)の上でレガシー手順(JCA手順や全銀TCP/IP手順など)を使っているユーザーは、Toolbox JXクライアントを導入することによってインターネットEDIに移行できる。

 インターネットEDIプロトコルの中での、JX手順の最大の特徴は、クライアント(卸業者など)からサーバー(小売店など)に対して定期的に情報を取得しにいくプル型(クライアント/サーバー型)のモデルを採用している点である。JX手順のサーバー機能を用意しなくても、必要な時にJXクライアントを立ち上げて通信するだけでEDIに参加できるため、小規模な卸業者でも導入しやすい。

 今回、Toolbox JXクライアントを強化し、転送データをIBM iの固定長フォーマットと、流通BMS(流通ビジネスメッセージ標準)の基本系Ver1.3に準拠したXML形式との間でデータを相互に変換する「XML変換機能」を追加した(図1)。これにより、データ変換プログラムを作り込むことなく、Toolbox JXクライアントの標準機能(コマンド)だけで流通BMS準拠システムとの間でデータをやり取りできるようになった。

図1:JX手順クライアントソフトにXML変換機能を追加し、流通BMSを容易に利用できるようにした(出典:ネオアクシス)図1:JX手順クライアントソフトにXML変換機能を追加し、流通BMSを容易に利用できるようにした(出典:ネオアクシス)
拡大画像表示
関連キーワード

EDI / 流通BMS / JX手順 / ネオアクシス / IBM i / IBM

関連記事

Special

-PR-

オフコン「IBM i」で流通BMS、ネオアクシスがJX手順クライアントにXML変換機能を追加TISインテックグループのネオアクシスは2018年4月17日、日本IBMのオフコンOS「IBM i」(ハードウェアは「Power Systems」)で稼働するインターネットEDIソフト「Toolbox JXクライアント」の機能強化を図り提供を開始したと発表した。別途ファイル変換機能などを作り込まなくても流通BMSを使えるように、データを固定長フォーマットからXMLに変換する機能を追加した。価格(税別)は据え置きで、CPUのグレードによって異なり、22万円からとなっている。

PAGE TOP