[事例ニュース]

損害保険ジャパン日本興亜、保険金サービス拠点の電話応対をAIがガイド、2020年以降に実現

2019年4月17日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

損害保険ジャパン日本興亜は2019年4月17日、事故の受付から保険金の支払いまでの個客対応を行うサービス拠点に向けて、電話応対をAIで支援する「電話応対ガイドAI」の開発を開始すると発表した。すべての社員が品質の高い電話応対を行えるようにするのが狙いである。AI技術を提供するNTTコミュニケーションズとともに、2019年5月から開発する。

 損害保険ジャパン日本興亜はは2018年3月、全国約300カ所(約1万席)の保険金サービス拠点に「音声認識システム」を導入した。電話応対の音声とテキストを蓄積・分析する体制を整えた。今回、蓄積したビッグデータを電話応対品質の向上に活用する仕掛けとして、顧客との電話応対をガイドするAIの開発に着手した(図1)。

図1:電話応対をAIで支援する「電話応対ガイドAI」の概要(出典:損害保険ジャパン日本興亜)図1:電話応対をAIで支援する「電話応対ガイドAI」の概要(出典:損害保険ジャパン日本興亜)
拡大画像表示

 2019年5月から、AI技術を提供するNTTコミュニケーションズとともに、(1)電話応対を可視化、(2)電話応対を分析、(3)電話応対をガイドするAIを開発、という3ステップで開発する。期待する効果として、電話応対ガイドAIに沿った応対によって、応対品質が向上する。

 まず、2019年5月に電話応対を可視化する。電話応対品質が高く、顧客からの評価も高い社員を「クレドマイスター」として認定し、社内表彰を行っている。ビッグデータとして蓄積したクレドマイスターの音声データとテキストデータを分析し、これまで暗黙知のために共有が難しかった高品質な電話応対の特徴を可視化する。

 次に、2019年度内に、電話応対を分析するAIを開発する。可視化した特徴を活用し、顧客が「電話応対のどの部分に満足したのかを推定するAI」を開発する。これにより、顧客の満足度を左右するキーファクターが何かを把握できるようになる。

 最後に、2020年から、電話応対をガイドするAIを開発する。高品質な電話応対の特徴と、顧客の満足度を左右するキーファクターをもとに、電話応対中の個客が「満足しているか」、「不満を持っているか」などの感情を分析し、次にどのような言葉をかければよいかなど、その場面に応じた最適な応対をリアルタイムでガイドする。

関連キーワード

損害保険ジャパン日本興亜 / コールセンター

関連記事

Special

-PR-

損害保険ジャパン日本興亜、保険金サービス拠点の電話応対をAIがガイド、2020年以降に実現損害保険ジャパン日本興亜は2019年4月17日、事故の受付から保険金の支払いまでの個客対応を行うサービス拠点に向けて、電話応対をAIで支援する「電話応対ガイドAI」の開発を開始すると発表した。すべての社員が品質の高い電話応対を行えるようにするのが狙いである。AI技術を提供するNTTコミュニケーションズとともに、2019年5月から開発する。

PAGE TOP