[新製品・サービス]

アイレット、WindowsファイルサーバーをAWS上に構築するサービス、監視付きで提供

2019年4月23日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイレットは2019年4月24日、Windowsベースのファイルサーバーをパブリッククラウド上に構築し、ファイルサーバーの監視・運用サービスとともに提供する「migrationpack for ファイルサーバー」を発表、同日提供を開始した。

 アイレットの「migrationpack for ファイルサーバー」は、Windows Serverをベースにしたファイルサーバーを、パブリッククラウドのAmazon Web Services(AWS)上に構築するサービスである(図1)。これまでオンプレミスで運営してきたファイルサーバーの使い勝手を変更することなくクラウドに移行できる。

図1:migrationpack for ファイルサーバーの基本構成(出典:アイレット)図1:migrationpack for ファイルサーバーの基本構成(出典:アイレット)
拡大画像表示

 ファイルサーバーの監視・運用サービスもあわせて提供する。これにより、オンプレミス環境では必要だった、監視・運用の業務負担を軽減する。サーバーの監視項目は、サーバーのリソース監視と死活監視、CIFSのポート監視、ディスク容量の監視、である。

 ファイルサーバーは、Amazon VPC(仮想プライベートクラウド)に構築する。ユーザー企業のネットワークとは、専用線で接続する。ネットワーク遅延を少なくすることで、ネットワーク越えでもファイルサーバーを快適に使えるとしている。Windows Updateなどのインターネット接続用ゲートウェイも提供する。

 価格(税別)は、基本構成の初期構築費用が、一式15万円。カスタマイズを希望する場合は、別途見積もり。運用費用は、ファイルサーバー1台あたり月額3万円で、AWSの利用料金が別途必要になる。

関連キーワード

アイレット / AWS / Windows Server

関連記事

Special

-PR-

アイレット、WindowsファイルサーバーをAWS上に構築するサービス、監視付きで提供アイレットは2019年4月24日、Windowsベースのファイルサーバーをパブリッククラウド上に構築し、ファイルサーバーの監視・運用サービスとともに提供する「migrationpack for ファイルサーバー」を発表、同日提供を開始した。

PAGE TOP