[新製品・サービス]

NTT Com、ServiceNowのIT管理・監視サービスに独自の監視機能やダッシュボードを加えて提供

2019年4月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズは2019年4月24日、ITシステムを管理・監視するクラウドサービス「Global Management One ITSM Platform」を発表した。2019年5月7日から提供する。ITサービスマネジメント(ITSM)のための運用管理クラウドサービス「ServiceNow」に、NTTコミュニケーションズ独自の監視機能やダッシュボードを加えて提供する。価格は要問い合わせ。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)はこれまで、ITシステムの運用保守をアウトソーシング型で提供する「Global Management One」シリーズを提供してきた。今回、同シリーズの新サービスとして、ユーザーのIT環境を自動的に検索して、導入した機器の情報などを収集するサービス「Global Management One ITSM Platform」を追加した(図1)。

図1:Global Management One ITSM Platformの概要。ServiceNowに、NTTコミュニケーションズ独自の監視機能やダッシュボードを加えて提供する(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:Global Management One ITSM Platformの概要。ServiceNowに、NTTコミュニケーションズ独自の監視機能やダッシュボードを加えて提供する(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 機器情報を自動で取得して監視するための道具立てとして、ITサービスマネジメント(ITSM)をカバーする運用管理クラウドサービス「ServiceNow」を活用する。構成変更が多く発生するシステムにおいても、最新の状況をユーザー自身で正確に管理できるようになる。さらに、NTT Comによる独自の監視機能をあわせて提供する。これにより、追加で監視サービスを契約することなく、ITサービスや機器の動作状態や性能を監視できる。

 管理・監視の設定をあらかじめ設定した状態で提供する。従来、ServiceNowをユーザー自身で導入する場合は、数カ月の設計開発期間と、これにともなう構築コストが必要だった。これに対してGlobal Management One ITSM Platformでは、ServiceNowを設定済みとした上で、さらに監視機能を組み合わせてSaaSで提供する。これによりユーザーは、複雑な設計や設定作業を行うことなく短期間でServiceNowを導入できる。さらに、導入後のServiceNowのバージョンアップもNTT Comが実施する。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / ServiceNow / ITサービスマネジメント

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、ServiceNowのIT管理・監視サービスに独自の監視機能やダッシュボードを加えて提供NTTコミュニケーションズは2019年4月24日、ITシステムを管理・監視するクラウドサービス「Global Management One ITSM Platform」を発表した。2019年5月7日から提供する。ITサービスマネジメント(ITSM)のための運用管理クラウドサービス「ServiceNow」に、NTTコミュニケーションズ独自の監視機能やダッシュボードを加えて提供する。価格は要問い合わせ。

PAGE TOP