開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

システムインテグレータ、設計書作成ツール「SI Object Browser Designer」をクラウド化

2019年5月7日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

システムインテグレータは2019年5月7日、ソフトウェア開発における設計書の作成を支援するツールの新版「SI Object Browser Designer 19」(OBDZ 19)を発表した。6月14日から販売する。新版では、C/S(クライアントサーバー型)からWeb型へとアーキテクチャを切り替えてクラウドサービス化し、年額制のライセンスとした。価格(税別)は、年額28万8000円(5クライアントライセンス)から。

 システムインテグレータが提供するOBDZ 19は、ソフトウェア開発における設計書の作成を支援するツールである。これまでワープロ(WordあるいはExcelなど)を用いて手動で書いていた設計書の作成作業を効率化する。レイアウトは、専用のレイアウト設計画面によって設計できる。レイアウトを定義すると、項目定義が自動で作成される。ある社内プロジェクトでは、設計書作成の生産性がOBDZ導入後に約30%以上向上したという。

 設計の工程では、設計→設計書の作成→レビュー→修正というプロセスを繰り返す。システムインテグレータによれば、設計工程は通常、プロジェクト全体のコストの30%~40%の割合を占める。仮に、1億円規模の案件で設計工程が全工程の40%を占めている場合、設計の生産性が30%向上するとコスト削減効果は1200万円になる。

 今回の新版では、アーキテクチャを従来のC/S型からWeb型へと刷新した(画面1)。ユーザーは、Webブラウザからクラウドにアクセスするだけで、設計情報の閲覧や編集、 設計書の出力ができる。背景には、大規模なプロジェクトにおいて設計の作業場所が分散してしまうケースがあるほか、重要書類である設計書を集中管理したいというニーズが増えてきたという状況がある。

画面1:WebブラウザからOBDZ 19を利用している画面(出典:システムインテグレータ)画面1:WebブラウザからOBDZ 19を利用している画面(出典:システムインテグレータ)
拡大画像表示

 Web化/クラウドサービス化に合わせて、ライセンスを年額制のサブスクリプションモデルに変更した。ソフトウェア開発プロジェクトの案件の状況に応じて、柔軟に契約ユーザー数を増減できるメリットがある。新版ではさらに、性能も高めた。サクサクと動くように、アプリケーションの速度を従来の約150%へと向上させたとしている。

関連キーワード

システムインテグレータ

関連記事

Special

-PR-

システムインテグレータ、設計書作成ツール「SI Object Browser Designer」をクラウド化システムインテグレータは2019年5月7日、ソフトウェア開発における設計書の作成を支援するツールの新版「SI Object Browser Designer 19」(OBDZ 19)を発表した。6月14日から販売する。新版では、C/S(クライアントサーバー型)からWeb型へとアーキテクチャを切り替えてクラウドサービス化し、年額制のライセンスとした。価格(税別)は、年額28万8000円(5クライアントライセンス)から。

PAGE TOP