[新製品・サービス]

ALSI、社外に持ち出したWindows端末で使えるURLフィルタリングソフト

2019年5月7日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2019年5月7日、クラウド型で提供するWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」(ISGC)を強化すると発表した。スマートデバイス用のエージェントソフト「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス Agent」(ISGC Agent)の稼働環境を拡大し、従来のiOSとAndroidに加えてWindowsを追加した。これにより、Windowsの持ち出し端末においてもURLフィルタリング機能を利用できるようにした。

 InterSafe GatewayConnection(ISGC)は、クラウド型で提供するWebゲートウェイサービスである(関連記事出口対策のクラウド型Webゲートウェイを強化しウイルス侵入対策を追加―ALSI)。インターネットへのWebアクセスを中継・仲介するWebプロキシサーバーとして使う。

 ISGCでは、基本機能として、(1)危険なWebサイトへの接続をブロックするURLフィルタリング機能と、(2)標的型攻撃の司令塔(C&C)サーバーなど危険なサーバーへの通信をブロックする機能を提供する。さらにオプションで、(3)ウイルス対策機能(トレンドマイクロ製)を提供する。

 周辺サービスとして、iPhone/iPadやAndroid端末などのスマートデバイスにおいてURLフィルタリング機能を利用できるようにするソフト(ISGC Agent)を提供している(図1)。アクセスしようとしているURLが危険かどうかをインターネットを介してISGCに問い合わせ、危険なURLだった場合はISGC Agent自身がスマートデバイスのローカル環境でWebアクセスをブロックする仕組み。これにより、標準WebブラウザやアプリケーションによるWebアクセスを制御できる。

図1:「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス Agent」の概要(出典:アルプスシステムインテグレーション)図1:「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス Agent」の概要(出典:アルプスシステムインテグレーション)
拡大画像表示

 今回、ISGC Agentの稼働環境を拡大した。従来のiOS(iPhone/iPad)とAndroidに加えて、Windowsを追加した。これにより、プロキシサーバーのISGCを利用する社内のクライアントPCや、iOS/Androidと同様に、Windowsの持ち出し端末においてもURLフィルタリング機能を利用できるようになった。

関連キーワード

ALSI / URLフィルタリング

関連記事

Special

-PR-

ALSI、社外に持ち出したWindows端末で使えるURLフィルタリングソフトアルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2019年5月7日、クラウド型で提供するWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」(ISGC)を強化すると発表した。スマートデバイス用のエージェントソフト「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス Agent」(ISGC Agent)の稼働環境を拡大し、従来のiOSとAndroidに加えてWindowsを追加した。これにより、Windowsの持ち出し端末においてもURLフィルタリング機能を利用できるようにした。

PAGE TOP