[新製品・サービス]

日本IBM、クラウドやOSSを活用した銀行勘定系システムを提供、第1弾はネットバンキング向け

2019年5月9日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは、クラウド技術やコンテナ技術を活用した次世代の銀行勘定系システム「IBM Digital Core Systems for Banking」を発表した。第1弾として、ネットバンキング向けとモバイルバンキング向けから提供を開始し、順次対象を拡大していく。

 日本IBMのIBM Digital Core Systems for Bankingは、銀行の勘定系システムをクラウドを使って実現する業務アプリケーションである。プライベートクラウドやマルチクラウドの上で勘定系システムを稼働させることによって、運用コストが減るとともに、システムの拡張性が高まる。

 クラウド上でシステムを稼働させることに加えて、業務アプリケーションのモダナイゼーション(近代化)を進める。また、オープンソースを活用して最新の技術を柔軟に取り入れていく。これにより、顧客から見て魅力的な金融サービスを迅速かつ安価に提供できるようにする。

 背景には、モバイルバンキングやキャッシュレス決済の進化など、銀行業の環境が急激に変化しているという状況がある。こうした中で、金融機関には、市場のニーズをいち早くとらえ、迅速かつ適切にサービスを提供することが求められている。

 IBM Digital Core Systems for Bankingでは、これまで長期にわたって銀行システムを構築してきた実績や、オープンソースへの継続的な関与などを結集したとしている。

関連記事

Special

-PR-

日本IBM、クラウドやOSSを活用した銀行勘定系システムを提供、第1弾はネットバンキング向け日本IBMは、クラウド技術やコンテナ技術を活用した次世代の銀行勘定系システム「IBM Digital Core Systems for Banking」を発表した。第1弾として、ネットバンキング向けとモバイルバンキング向けから提供を開始し、順次対象を拡大していく。

PAGE TOP