[調査・レポート]

ネットワーク仮想化/自動化市場は2023年まで年平均16.5%で成長─IDC Japan

2019年5月10日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2019年5月10日、SDN(Software Defined Networking)を含むネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場の予測を発表した。データセンター向け、企業ネットワーク向け、通信事業者向けを合わせた市場全体では、2018年の564億円から、2023年にかけて年間平均成長率(CAGR)16.5%で拡大を続けると予測している。

 データセンター向け、企業ネットワーク向け、通信事業者向けを合わせた国内のネットワーク仮想化/自動化市場の予測は図1のとおりである。2018年の564億円から2023年にかけて、年間平均成長率(CAGR)16.5%で拡大を続ける。

図1:2018年~2023年における国内ネットワーク仮想化/自動化市場の支出額予測(出典:IDC Japan)図1:2018年~2023年における国内ネットワーク仮想化/自動化市場の支出額予測(出典:IDC Japan)

 データセンター向けのネットワーク仮想化/自動化の市場は、急成長期から安定成長へと移行した。前年比成長率は、2017年の82.3%から2018年の13.9%へと落ち着いた。理由は、導入側において、SDNやネットワーク仮想化/自動化に対する正しい認知が定着し、評価が進んだことである。今後も、成長のペースは落としながらも、2018年~2023年のCAGRは9.7%と安定した成長を続ける。

 企業ネットワーク向けのネットワーク仮想化/自動化の市場は、デジタル変革などの成長エンジンを得て、今後も力強い成長を続ける。2018年~2023年のCAGRは、14.1%と見込んでいる。「継続的/再帰的なネットワーク自動化」、「ポリシー/インテントに基づいたネットワーキング」、「ネットワーク可視化/アシュアランス」などが市場を牽引している。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内ネットワーク仮想化/自動化市場予測、2019年~2023年:SDN、NFVから自動化/自律化へ』(JPJ43996119)で詳細を報告している。同レポートでは、データセンターと企業ネットワークにおける国内ネットワーク仮想化/自動化市場に加えて、通信事業者のネットワーク仮想化/自動化に関する分析と市場予測も行っている。また、通信事業者のネットワーク機能の仮想化であるキャリアNFV(Network Functions Virtualization、仮想アプライアンスとしてソフトウェアでネットワークデバイスの諸機能を実現)市場についても分析している。

関連キーワード

IDC / 市場調査 / SDN / NFV

関連記事

Special

-PR-

ネットワーク仮想化/自動化市場は2023年まで年平均16.5%で成長─IDC JapanIDC Japanは2019年5月10日、SDN(Software Defined Networking)を含むネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場の予測を発表した。データセンター向け、企業ネットワーク向け、通信事業者向けを合わせた市場全体では、2018年の564億円から、2023年にかけて年間平均成長率(CAGR)16.5%で拡大を続けると予測している。

PAGE TOP