アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

三菱重工、出張旅費精算システムを刷新、2019年7月にConcur TravelとConcur Expenseを稼働

2019年5月13日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三菱重工業は、コンカーが提供する出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を採用した。2019年7月に、三菱重工のグループ会社を含めて約3万人を対象に本番稼働を予定している。

 三菱重工は、グループ会社も含めた間接業務の効率化を推進している。この施策の1つとして出張旅費精算システムを刷新する。自前で開発した旧システムを廃止し、出張管理にConcur Travel、経費(旅費)精算・管理にConcur Expenseを採用した。コンカーが2019年5月13日に発表した。

 出張管理のConcur Travelにより、社員は会社の出張規程に即した航空券/ホテルを、オンラインで簡単に手配できるようになる。企業は、出張規程の遵守を徹底でき、出張コストを削減できる。

 経費精算のConcur Expenseでは、モバイル端末を使って外出先から経費の精算申請・承認ができる。交通系ICカードの乗車履歴の読み取りや、法人カードの経費データとの自動連携など、経費精算業務を効率化する。分析ツール「Concur Business Intelligence」によって経費支出を可視化・分析すれば、適正な経費使用を促せる。

 また、出張管理のConcur Travelに登録した予約情報は、経費精算クラウドのConcur Expenseと連携する。これにより、社員の経費精算申請の手間を省ける。

関連記事

Special

-PR-

三菱重工、出張旅費精算システムを刷新、2019年7月にConcur TravelとConcur Expenseを稼働三菱重工業は、コンカーが提供する出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を採用した。2019年7月に、三菱重工のグループ会社を含めて約3万人を対象に本番稼働を予定している。

PAGE TOP