[新製品・サービス]

DDN、仮想化向けストレージ「Tintri VMstore」を強化、データベース単位でI/O性能を制御可能に

2019年5月23日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

データダイレクト・ネットワークス・ジャパン(DDN)は2019年5月23日、サーバー仮想化環境に特化したストレージ製品「Tintri VMstore」のOSをバージョンアップし、データベース(SQL Server)単位でI/O性能を制御できるようにすると発表した。OS新版は、2019年下半期から提供する。2020年以降には、SQL Server以外のデータベースやデータベース以外のワークロードについても、これらの単位でI/O性能を制御できるようにする。

 Tintri VMstoreは、サーバー仮想化環境(VMware/Hyper-V/KVM)において、仮想サーバー(VM)のディスクイメージを格納する用途に特化したNAS(NFS/SMB)ストレージ装置である(関連記事DDN、仮想化向けストレージTintri VMstoreを強化、任意のVMをストレージ間で高速に移動)。

 最大の特徴は、一般的なストレージの管理単位であるLUN(ボリューム)単位ではなく、個々のVM単位でQoS(I/O性能)や容量などを制御できること。QoSは全自動で機能し、高いI/O性能を要求する仮想サーバーに対して、高いI/O性能を自動的に割り当てられる。

 2019年下半期に、Tintri VMstoreのOSをバージョン5にバージョンアップする。OS新版では、仮想サーバー単位だけでなく、仮想サーバー上で動作しているデータベースサーバー(SQL Server)の単位でI/O性能を制御できるようにする(図1)。2020年以降にはさらに、SQL Server以外のデータベースや、データベース以外のワークロードについても、これらの単位でI/O性能を制御できるようにする。

図1:Tintri VMstoreのOSをバージョンアップし、仮想サーバー単位だけでなく、仮想サーバー上で動作しているデータベースサーバー(SQL Server)の単位でI/O性能を制御できるようにする(出典:データダイレクト・ネットワークス・ジャパン)図1:Tintri VMstoreのOSをバージョンアップし、仮想サーバー単位だけでなく、仮想サーバー上で動作しているデータベースサーバー(SQL Server)の単位でI/O性能を制御できるようにする(出典:データダイレクト・ネットワークス・ジャパン)
拡大画像表示

 「多くのユーザーは、1台の仮想サーバーの上で、複数のデータベースを動かしている。仮想サーバーの粒度では不十分だ。より細かい単位でI/O性能を制御できるようにするべきだ」。米DataDirect Networks(DDN)でプロダクトマネージメントシニアダイレクターを務めるTomer Hagay(トマー・ハガイ)氏(写真1)は、VMファイルよりも細かい単位でI/Oを制御できるようにする狙いを、こう説明する。

写真1:米DataDirect Networks(DDN)でワールドワイドセールス&マーケティングシニアバイスプレジデントを務めるPhillip Trickovic(フィリップ・トリコビク)氏写真1:米DataDirect Networks(DDN)でワールドワイドセールス&マーケティングシニアバイスプレジデントを務めるPhillip Trickovic(フィリップ・トリコビク)氏
拡大画像表示

 なお、Tintri VMstoreは元々、破産を申請した米Tintriが開発したストレージ機器である。米DataDirect Networksが買収してTintri事業を継続している。米DataDirect Networksの従業員は約1000人で、このうち150人がTintri事業部に在籍している。「ユーザーは買収によっても離れていない。継続して購入してくれている。日本においても2019年に人員を倍増させる」と、米DataDirect Networks(DDN)でワールドワイドセールス&マーケティングシニアバイスプレジデントを務めるPhillip Trickovic(フィリップ・トリコビク)氏(写真1)は現況を説明する。

関連キーワード

DataDirect Networks / Tintri

関連記事

Special

-PR-

DDN、仮想化向けストレージ「Tintri VMstore」を強化、データベース単位でI/O性能を制御可能にデータダイレクト・ネットワークス・ジャパン(DDN)は2019年5月23日、サーバー仮想化環境に特化したストレージ製品「Tintri VMstore」のOSをバージョンアップし、データベース(SQL Server)単位でI/O性能を制御できるようにすると発表した。OS新版は、2019年下半期から提供する。2020年以降には、SQL Server以外のデータベースやデータベース以外のワークロードについても、これらの単位でI/O性能を制御できるようにする。

PAGE TOP