[新製品・サービス]

丸紅、「NOKIA WING」を採用してグローバルIoT通信サービスを提供

2019年5月27日(月)IT Leaders編集部

丸紅は2019年5月24日、100%子会社の丸紅無線通信を通じて、ノキアソリューションズ&ネットワークスの通信管理基盤である「Nokia Worldwide IoT Network Grid(NOKIA WING)」を用いて、「グローバルIoT通信サービス」の提供を開始すると発表した。丸紅無線通信とNOKIAは、2018年2月に海外での各キャリアとの接続、および同サービスの共同開発に関する覚書を締結し、IoT関連サービスの開発、販売の検討を経て、同サービスの提供を開始する。

 NOKIA WINGは、世界各国の通信規制状況に応じて現地キャリアと接続し、国・通信形態に依らない通信の統合管理・制御を可能にするグローバル通信基盤である。NOKIA WINGを利用することで、ローミングではない、世界各国のローカルレートに近い低価格、かつ通信速度の速い、グローバルIoT通信サービスを提供する。

 丸紅無線通信は、従来からの日本国内での通信サービスの提供に加え、同サービスを提供することで、日本の製造業における世界各国でのIoTを活用した産業機器のモニタリングなどの需要に対応する。190の国と地域をカバーする広範囲な通信サービスの提供に加え、2019年中を目処にe-SIM(組込用SIMカード)の提供も行う。

 主な提供用途は以下のとおり。

  • 空調、工作機械などの産業機器の遠隔制御
  • 建設機械や人工透析装置などの医療機器の稼動状況のモニタリング、遠隔監視
  • FA(Factory Automation)機器などの予防保守のためのリアルタイムでの情報収集
  • 車両の位置情報や走行データの収集

 ほかにも、海外での通信費用を低価格で利用したいという出張者の需要にも対応する。

 丸紅無線通信は、空調機器の開発・製造・販売を行っているジョンソンコントロールズ日立空調に、同サービスを提供していく。

関連キーワード

Nokia / 丸紅 / 丸紅無線通信 / 商社

関連記事

Special

-PR-

丸紅、「NOKIA WING」を採用してグローバルIoT通信サービスを提供丸紅は2019年5月24日、100%子会社の丸紅無線通信を通じて、ノキアソリューションズ&ネットワークスの通信管理基盤である「Nokia Worldwide IoT Network Grid(NOKIA WING)」を用いて、「グローバルIoT通信サービス」の提供を開始すると発表した。丸紅無線通信とNOKIAは、2018年2月に海外での各キャリアとの接続、および同サービスの共同開発に関する覚書を締結し、IoT関連サービスの開発、販売の検討を経て、同サービスの提供を開始する。

PAGE TOP