アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンITS、クラウド型のAI-OCRを開始、画像補正や帳票分類でOCRの認識精度を向上

2019年5月28日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2019年5月28日、AIを活用したOCR(光学文字読み取り)機能をクラウド型で提供するサービス「CaptureBrain(キャプチャーブレイン)」を発表、同日提供を開始した。各種の業種で使っている手書き帳票を、効率よくデジタル化できるとしている。

 CaptureBrainは、手書き帳票を含んだ各種の帳票をクラウド上でテキストデータ化するAI-OCRサービスである(図1)。キヤノンITソリューションズの画像処理技術とAI技術、およびCogent Labsの手書き文字認識AIエンジン「Tegaki」を利用している。他システムと連携するためのAPIも備える。要望に応じて、ユーザーのシステムとのデータ連携も個別に開発する。

図1:CaptureBrainの概要(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:CaptureBrainの概要(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 手書き帳票をスキャンした画像データをクラウドにアップロードして使う。クラウド上では、帳票の種別を認識し、OCRで処理しやすいように画像を補正し、OCRで読み取ってテキストデータ化する。こうして読み取ったテキストデータは、編集可能な電子データとしてダウンロードできる。

 特徴の1つは、キヤノンITソリューションズ独自の画像処理技術によって、帳票画像をOCRに適した状態に補正することである。これにより、OCRの認識精度を高めている。また、あらかじめ対象となる帳票を登録しておくことで、OCR処理にかける前に帳票の種類を自動で仕分けする。OCRの認識結果は、ユーザーが画面上で確認し、修正できる。このための画面を用意している。

 価格(税別)は、以下の通り。初期設定費用は、100万円から。個別開発費は、200万円から。年間利用料は、対象帳票とボリュームによる従量課金。

関連キーワード

OCR

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、クラウド型のAI-OCRを開始、画像補正や帳票分類でOCRの認識精度を向上キヤノンITソリューションズは2019年5月28日、AIを活用したOCR(光学文字読み取り)機能をクラウド型で提供するサービス「CaptureBrain(キャプチャーブレイン)」を発表、同日提供を開始した。各種の業種で使っている手書き帳票を、効率よくデジタル化できるとしている。

PAGE TOP