[市場動向]

NTTデータがグループAI指針を策定、「人間とAIが共生する社会」を掲げる

2019年5月30日(木)IT Leaders編集部

NTTデータは2019年5月29日、NTTデータグループのAI(人工知能)への取り組み姿勢をまとめた「NTTデータグループAI指針」を策定したと発表した。同指針に基づき、AIの研究・開発・運用・利活用などを推進していく。

 NTTデータグループAI指針は、NTTデータグループのAIへの取り組み姿勢をまとめたものである。AI社会の実現に向けて、技術を開発したりサービスを提供したりする際に参考にする。「AIは基本的な人権を侵してはならず、人間社会の幸福を実現するために存在するべきである」というメッセージを込めている。

 AI指針の骨子として、以下の5項目を挙げている。

  1. 持続可能な幸福社会の実現
  2. 共創による新しいAI価値の創出
  3. 公正で信頼できる説明可能なAI
  4. 安心安全なデータの流通
  5. AIを健全に普及させる活動の推進

 NTTデータは、AIが持つ懸念事項を解消すべく行動するとともに、持続可能で多様性・包摂性・透明性の高い、人間中心の社会を実現するためにAIを活用する、としている。AIを単なる効率性確保の手段として利用するのではなく、「誰一人取り残さない」という理念に沿い、顧客を含めたすべての個人・ビジネス・社会がAIのメリットを享受できる「人間とAIが共生する社会」を目指すとしている。

関連キーワード

NTTデータ / AI

関連記事

Special

-PR-

NTTデータがグループAI指針を策定、「人間とAIが共生する社会」を掲げるNTTデータは2019年5月29日、NTTデータグループのAI(人工知能)への取り組み姿勢をまとめた「NTTデータグループAI指針」を策定したと発表した。同指針に基づき、AIの研究・開発・運用・利活用などを推進していく。

PAGE TOP