[事例ニュース]

明治安田生命、基幹ネットワークとクラウドを安全に接続するシステムを導入

2019年5月31日(金)IT Leaders編集部

明治安田生命保険は、基幹ネットワークとSaaSなどの外部サービスを安全に接続し、社内外からのアクセスを一元管理するシステム「HUBクラウド」を導入した。2019年度から、明治安田生命の全国約1300拠点の従業員約5万人に向けて順次展開する。NTTコミュニケーションズが2019年5月30日に発表した。

 HUBクラウドは、基幹ネットワークとSaaSなどの外部サービスを安全に接続し、社内外からのアクセスを一元管理するシステムである(図1)。明治安田生命の基幹ネットワークに接続している様々なデバイスから、安全にSaaSやインターネットなどの多様な外部サービスにアクセスする機能を提供する。

図1:明治安田生命保険が導入したクラウド接続システム「HUBクラウド」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:明治安田生命保険が導入したクラウド接続システム「HUBクラウド」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)

 HUBクラウドは、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」上に構築している。NTTコミュニケーションズのデータセンター内で明治安田生命の基幹業務システムと直結することで、耐障害性を確保している。

 HUBクラウドの具体的な機能は、以下の通り。

SaaS接続機能
パブリッククラウドに、インターネットを経由せず閉域で接続する機能。従来、明治安田生命の基幹データセンター経由でアクセスしていたSaaSに直接接続することで、基幹データセンターへのトラフィック集中を回避し、安全かつ低遅延な利用環境を提供する
セキュアインターネットゲートウェイ機能
ブラウザー仮想化基盤やURLフィルタリングを活用した安全なインターネット接続機能。セキュリティ専門チームによる24時間365日の監視態勢も提供する
IDフェデレーション機能
複数のSaaS IDを連携し、1度のログインのみで各サービスに認証可能なシングルサインオンを提供する機能。明治安田生命の社内PCや社用スマートフォンで利用でき、Office 365などのSaaSや社内業務アプリケーションへ安全かつ迅速なアクセスを提供する
リモート接続機能
明治安田生命の社用スマートフォン向けのVPN接続機能。デバイス検疫に加え、明治安田生命の業務アプリケーションとAPI連携することにより、場所にとらわれない柔軟なワークスタイルを安全に導入できる
関連記事

Special

-PR-

明治安田生命、基幹ネットワークとクラウドを安全に接続するシステムを導入明治安田生命保険は、基幹ネットワークとSaaSなどの外部サービスを安全に接続し、社内外からのアクセスを一元管理するシステム「HUBクラウド」を導入した。2019年度から、明治安田生命の全国約1300拠点の従業員約5万人に向けて順次展開する。NTTコミュニケーションズが2019年5月30日に発表した。

PAGE TOP