[新製品・サービス]

日本ユニシス、自然災害や施設・設備を常時監視できる「MUDEN モニタリングサービス」を提供

2019年6月5日(水)IT Leaders編集部

日本ユニシスは2019年6月4日、小型太陽光発電給電とLPWA(Low Power Wide Area)通信を活用した、屋外の設備や環境の監視サービス「MUDEN モニタリングサービス」の提供を開始した。電源や中継局は不要で場所を問わずに設置でき、自然災害や、施設・設備を常時監視できる。

 設置から数十年が経過した屋外のインフラ設備では、自然災害や環境変化の影響から、定期点検や監視業務の必要性が増している。また、このような設備は、人が行きづらく作業が困難な場所(鉄塔・斜面・橋梁など)であることが多いため、作業の効率化やデジタル化は喫緊の課題となっているという。

図1:MUDEN モニタリングサービスの概要(出典:日本ユニシス)図1:MUDEN モニタリングサービスの概要(出典:日本ユニシス)
拡大画像表示

 MUDEN モニタリングサービスは、屋外環境に適したハードウェアやネットワーク、クラウドサービスを活用した、設備や環境の遠隔監視サービスである(図1)。点検作業・監視業務の効率化、コストの低減、デジタル化を可能にし、設備保全業務の高度化を支援する。

 日本ユニシスグループが開発した小型太陽光パネル付きゲートウェイ(MUDEN G/W)と、長距離通信可能なLPWA通信を利用することで、安定的な電源とデータ通信手段を安価に確保できるようにし、設備や環境の遠隔監視を可能にする。Microsoft AzureベースのIoT(モノのインターネット)ビジネス基盤で稼働する、クラウドサービスとして提供する。

 なお、日本ユニシスと東京電力ホールディングスは、同サービスを活用し、3軸加速度センサーを利用した、送電鉄塔の遠隔監視の実証を進めているという。

 日本ユニシスは、MUDEN モニタリングサービスの機能拡充やパートナー獲得などを進めながら、今後7年間で100億円の売上を目標にする。

関連キーワード

Unisys / LPWA

関連記事

Special

-PR-

日本ユニシス、自然災害や施設・設備を常時監視できる「MUDEN モニタリングサービス」を提供日本ユニシスは2019年6月4日、小型太陽光発電給電とLPWA(Low Power Wide Area)通信を活用した、屋外の設備や環境の監視サービス「MUDEN モニタリングサービス」の提供を開始した。電源や中継局は不要で場所を問わずに設置でき、自然災害や、施設・設備を常時監視できる。

PAGE TOP