[松岡功が選ぶ“見逃せない”ニュース]

2019年5月の3本:オラクルがDBのクラウド移行推進で東京DC開設/グーグルが大阪DC開設/IIJがマルチクラウド新サービス

2019年6月6日(木)松岡 功(ジャーナリスト)

2019年5月のニュースから松岡功が選んだのは、「オラクルがDBのクラウド移行推進で東京DC開設」「グーグルが大阪DCを開設し、国内事業を強化」「IIJがマルチクラウド関連の新サービスを発表」の3本である。5月はクラウド/データセンター関連のニュースが目立った。“見逃せない”理由と共に、それぞれのニュースのポイントをお伝えする。

オラクルがDBのクラウド移行推進で東京DC開設

 日本オラクルは2019年5月8日、パブリッククラウドサービス「Oracle Cloud」の提供基盤となる新しいデータセンターを東京に開設したと発表した。同社の最新データベースなどがクラウドで利用できるようになる。(関連記事日本オラクル、Oracle Cloudの東京データセンターを開設、6カ月以内に大阪も追加

写真1:日本オラクルのフランク・オーバーマイヤー取締役 執行役社長CEO

 日本オラクルのフランク・オーバーマイヤー取締役 執行役社長CEOは発表会見で、「かねてお約束していたOracle Cloudの次世代データセンターを東京に開設した。6カ月後には大阪にも開設する。これによって、国内で大手を中心として50%以上の企業に使っていただいているOracle Databaseのクラウド移行ニーズに応えられるようになった」と胸を張った(写真1)。

 日本でOracle Cloudデータセンターを開設した米Oracleおよび日本オラクルの狙いは、図1に集約されている。すなわち、基幹でのクラウド活用にはエンタープライズクラウド、デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるクラウド活用にはイノベーションクラウドを提供するといった具合だ。

図1:国内でOracle Cloud次世代データセンターを開設した狙い(出典:日本オラクル)
拡大画像表示
この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
バックナンバー
松岡功が選ぶ“見逃せない”ニュース一覧へ
関連キーワード

マルチクラウド / Oracle / Google Cloud Platform / IIJ / Oracle Cloud / Google

関連記事

Special

-PR-

2019年5月の3本:オラクルがDBのクラウド移行推進で東京DC開設/グーグルが大阪DC開設/IIJがマルチクラウド新サービス2019年5月のニュースから松岡功が選んだのは、「オラクルがDBのクラウド移行推進で東京DC開設」「グーグルが大阪DCを開設し、国内事業を強化」「IIJがマルチクラウド関連の新サービスを発表」の3本である。5月はクラウド/データセンター関連のニュースが目立った。“見逃せない”理由と共に、それぞれのニュースのポイントをお伝えする。

PAGE TOP