[市場動向]

SMB向けERP「Dynamics 365 BC」のSIベンダー組織「CEPS」、3年でユーザー1000社目指す

2019年6月5日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)、日本ビジネスシステムズ(JBS)、日本マイクロソフトの3社は2019年6月5日、中小企業向けの統合業務システム「Microsoft Dynamics 365 Business Central」の導入に特化したパートナーコンソーシアム 「Cloud ERP Partners for SMB」(CEPS)を設立したと発表した。設立時点で国内外のSIベンダー15社が参加した。今後3年間で1000人のコンサルタントを育成し、ユーザー1000社を獲得する。

 Dynamics 365 Business Centralは、中小企業向けの統合業務システムである。今回、Dynamics 365 Business Centralの導入サービスを手がけるSIベンダーがメンバーとして参加するコンソーシアムとして、Cloud ERP Partners for SMB(CEPS)を設立した(図1)。今後3年間でコンサルタントを1000人育成し、1000社のユーザー企業に導入する予定である。コンサルタントの育成には、日本マイクロソフトが用意している7日間の育成プログラムを利用する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Dynamics 365 / PBC / JBS / Microsoft

関連記事

Special

-PR-

SMB向けERP「Dynamics 365 BC」のSIベンダー組織「CEPS」、3年でユーザー1000社目指すパシフィックビジネスコンサルティング(PBC)、日本ビジネスシステムズ(JBS)、日本マイクロソフトの3社は2019年6月5日、中小企業向けの統合業務システム「Microsoft Dynamics 365 Business Central」の導入に特化したパートナーコンソーシアム 「Cloud ERP Partners for SMB」(CEPS)を設立したと発表した。設立時点で国内外のSIベンダー15社が参加した。今後3年間で1000人のコンサルタントを育成し、ユーザー1000社を獲得する。

PAGE TOP