[新製品・サービス]

NTT東日本、AWSとAzureの導入と運用を支援する「クラウド導入・運用サービス」を開始

2019年6月12日(水)IT Leaders編集部

NTT東日本は2019年6月11日、AWS(Amazon Web Services)とMicrosoft Azureの導入から運用までをサポートする「クラウド導入・運用サービス」を発表した。2019年6月28日から提供する。クラウド環境の共通的な設定と運用保守についてパッケージ化しており、迅速かつ簡易にクラウドサービスを利用開始できるとしている。NTT東日本が販売したAWSとAzureのアカウントに対して提供する。

 クラウド導入・運用サービスは、AWSおよびAzureの設定、監視、運用を代行するサービスである(図1)。設定内容に関して、NTT東日本の社内基準と同等のセキュリティチェックを実施する。

図1:クラウド導入・運用サービスの概要(出典:NTT東日本)図1:クラウド導入・運用サービスの概要(出典:NTT東日本)

 ネットワークの疎通確認や障害対応などを、24時間365日体制で監視する。監視ツールとして、はてなが提供するサーバー監視サービス「Mackerel」を利用する。CPU性能の変更やストレージの拡張をはじめ、セキュリティパッチの適用などの作業も代行する。

 価格(税別)は、以下の通り。

 導入メニューは、オンプレミス構成や希望するクラウド構成からパラメーターシートを作成する「パラメータシート作成」が1時間当たり1万5000円。アカウント、セキュリティ、仮想ネットワークなどの基本機能を設定する「クラウド基本設定」が1契約当たり10万円。仮想サーバーや仮想ストレージを設定する「サービス設定」は1サービス当たり5万円。

 運用メニューは、監視ツールでCPU/メモリー使用率などを監視してアラートを通知する「エントリー」が1サービス当たり月額5000円。これに加えて、アラーム発生時の一次措置(再起動)を実施する「スタンダード」が1サービス当たり月額1万5000円。これに加えて、容量追加やパッチ適用などの運用を代行する「アドバンスト」が1サービス当たり月額3万円。

関連キーワード

NTT / AWS

関連記事

Special

-PR-

NTT東日本、AWSとAzureの導入と運用を支援する「クラウド導入・運用サービス」を開始NTT東日本は2019年6月11日、AWS(Amazon Web Services)とMicrosoft Azureの導入から運用までをサポートする「クラウド導入・運用サービス」を発表した。2019年6月28日から提供する。クラウド環境の共通的な設定と運用保守についてパッケージ化しており、迅速かつ簡易にクラウドサービスを利用開始できるとしている。NTT東日本が販売したAWSとAzureのアカウントに対して提供する。

PAGE TOP