[新製品・サービス]

日本オラクル、DBサーバー専用機の新版「Oracle Exadata X8」、機械学習でチューニングを自律化

2019年6月13日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2019年6月13日、米Oracleが米国で同年6月12日に発表したプレスリリースの抄訳として、データベースサーバー専用機の最新版で第9世代に当たる「Oracle Exadata Database Machine X8」を発表した。新版では、ストレージ性能を高めたほか、マシンラーニング(機械学習)を用いたチューニングなどデータベースを自律的に運用する機能群を追加した。

写真1:Oracle Exadata Database Machine X8の外観(出典:米Oracle)写真1:Oracle Exadata Database Machine X8の外観(出典:米Oracle)
拡大画像表示

 Oracle Exadataは、大容量データを高速に検索する用途に適したデータベースサーバー専用機である(写真1関連記事日本オラクル、DBサーバー専用機の新世代「Oracle Exadata X7」を発表)。最大の特徴は、ストレージからデータベースサーバーへのデータ転送量を削減するアーキテクチャによって処理を高速化していること。SQLクエリーを受け付けるフロントのDBサーバークラスタの背後に、検索機能を自前で備えたストレージユニット群を配備し、検索処理を分散する。

 新版のOracle Exadata X8では、マシンラーニングを用いてデータベースを自律的にチューニングする「Automatic Indexing」機能を追加した。使用パターンの変化を継続的に学習し、これに応じてデータベースをチューニングする。さらに、パフォーマンス監視も自動化している。性能面の問題を自動で識別し、人による操作を必要とせずに根本原因を特定するとしている。

 Oracle Exadata X8では、ハードウェアも強化した。最新のIntel XeonプロセッサとPCI Express接続のNVMeフラッシュストレージを採用した。前世代機「Oracle Exadata X7」と比べて、オールフラッシュストレージのI/Oスループットは60%、ストレージサーバーあたりのIOPSは25%向上した。

 ストレージサーバーは、価格据え置きのまま、CPUのコア数を60%増やしたほか、ストレージ容量を40%増やした。また、アクセス頻度が少ないデータを保存する目的のために、より安価な拡張ストレージサーバーも用意した。

 米Oracleは同時に、Oracle Databaseのトランザクションログ(REDOログ)をリアルタイムにバックアップするアプライアンスサーバー機の新版「Oracle Zero Data Loss Recovery Appliance X8」も発表した。更新系のトランザクションが発生する度に、メモリー上にあるトランザクションログ(REDOログ)をRecovery Applianceに転送し、REDOログのまま保存する仕組み。新版では、価格据え置きで30%増量(1ラックあたり約1PB)した。

関連キーワード

Oracle / Exadata / マシンラーニング

関連記事

Special

-PR-

日本オラクル、DBサーバー専用機の新版「Oracle Exadata X8」、機械学習でチューニングを自律化日本オラクルは2019年6月13日、米Oracleが米国で同年6月12日に発表したプレスリリースの抄訳として、データベースサーバー専用機の最新版で第9世代に当たる「Oracle Exadata Database Machine X8」を発表した。新版では、ストレージ性能を高めたほか、マシンラーニング(機械学習)を用いたチューニングなどデータベースを自律的に運用する機能群を追加した。

PAGE TOP