[新製品・サービス]

コムスクエア、野良RPAロボットを繋いで業務フロー化するクラウドサービス「robostein」を販売

2019年6月13日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

コムスクエアは2019年6月12日、RPA(ロボットによる業務自動化)ロボットを集中管理するクラウドサービス「robostein(ロボシュタイン)」を発表した。各種のRPAソフトで作成した野良ロボットを監視・管理できるほか、個々の野良ロボットをつなぎ合わせて一連の業務フローを実現できる。2019年6月12日から提供している。

 コムスクエアのrobosteinは、各部署で作成して使っているRPAロボット(野良ロボットを含む)を集中管理するクラウドサービスである(画面1)。野良ロボットを監視できるほか、個々のRPAロボットをつなぎ合わせた一連の業務フローを実現できる。単純な自動化処理を組み合わせることで、より強力な運用の自動化を達成できるとしている。

画面1:robosteinの画面(出典:コムスクエア)画面1:robosteinの画面(出典:コムスクエア)
拡大画像表示

 業務フローは、GUIを用いた管理画面上で視覚的に構築できるとしている。また、管理画面上では、個々のRPAロボットの稼働状況や実行履歴を確認したり、RPAロボットの実行スケジュールを管理したりできる。

 レポート機能にも注力している。自動化による業務の削減効果や、自動化の進ちょく率を、分かりやすく可視化できるとしている。

 背景には、エンドユーザーが無秩序に開発した野良RPAロボットが大量に生まれているという状況がある。また、RPAを集中管理するツールを導入しようとしても、これまで作ったRPAロボットの作り直しが必要になるケースがあるという。robosteinを導入することで、作成済みのRPAロボット資産を無駄にすることなく集中管理できるようになるとしている。

 robosteinの価格(税別)は、月間の自動処理数(ノード実行数)に依存し、月額3万円から。販売目標は、初年度1億円。直近の主な導入予定先として、大手生命保険会社が2019年6月下旬から利用を開始する。

関連キーワード

コムスクエア / ワークフロー / ビジネスプロセス変革 / プロセスマイニング

関連記事

Special

-PR-

コムスクエア、野良RPAロボットを繋いで業務フロー化するクラウドサービス「robostein」を販売コムスクエアは2019年6月12日、RPA(ロボットによる業務自動化)ロボットを集中管理するクラウドサービス「robostein(ロボシュタイン)」を発表した。各種のRPAソフトで作成した野良ロボットを監視・管理できるほか、個々の野良ロボットをつなぎ合わせて一連の業務フローを実現できる。2019年6月12日から提供している。

PAGE TOP