[市場動向]

Dropbox Businessが6月20日から国内にファイルを保管可能に

2019年6月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Dropbox Japanは2019年6月18日、法人向けファイル同期サービス「Dropbox Business」において、2019年6月20日からファイルを日本国内に保管できるようにすると発表した。2019年3月の時点で2019年夏から提供すると発表していたが、今回正式な開始日をアナウンスした形である。

 Dropbox Businessは、法人向けのファイル同期サービスである。2019年6月20日からは、ファイルの保管先として国内を選べるようになる(関連記事Dropbox Businessがファイルを国内に保管可能に、2019年夏から)。

 クラウドストレージの基盤として、AWS(Amazon Web Services)の東京リージョンを利用する。ユーザーは、チーム単位で、北米のクラウドストレージに保管するか、国内のストレージに保管するかを選択できる。

 国内にファイルを保管しても、追加の費用は発生しない。ユーザーは、これまでと同じDropbox Businessの使用料のまま、北米と国内で保管先を選べる。

 なお、日本は、米国とドイツに続き、国内に保管先ストレージを設置する3番めの国である。

関連記事

Special

-PR-

Dropbox Businessが6月20日から国内にファイルを保管可能にDropbox Japanは2019年6月18日、法人向けファイル同期サービス「Dropbox Business」において、2019年6月20日からファイルを日本国内に保管できるようにすると発表した。2019年3月の時点で2019年夏から提供すると発表していたが、今回正式な開始日をアナウンスした形である。

PAGE TOP