開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

リックソフト、複数システムを連携させてワークフローを自動化するクラウドサービス「Workato」

2019年6月19日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リックソフトは2019年6月18日、複数のシステムやアプリケーションを連携させてワークフロー(業務フロー)を自動化するクラウドサービス「Workato(ワーカート)」を発表した。AIやRPA(ロボットによる業務自動化)を部品としてとらえ、様々なクラウドサービスやオンプレミス環境のアプリケーションと組み合せて、全体のワークフローを自動化するとしている。価格(税別)は、「Self-service」が年額122万4000円から、「Business」が年額306万円から。

 Workatoは、複数のアプリケーションやシステムを連携させて、ワークフローを自動化するクラウドサービスである(図1)。プログラミング知識がなくても使えるとしている。

図1:Workatoの概要(出典:リックソフト)図1:Workatoの概要(出典:リックソフト)
拡大画像表示

 連携するアプリケーションを選択し、実行のキッカケとなる「トリガー」を選択し、条件やルールが必要な場合は設定し、最後にアクションを設定するだけで、システム連携のテンプレートを開発できる。

 例えば、「Salesforce+Marketo+Jira」や「Netsuite+Marketo+Trello」のように、各種のツールを組み合わせて、リード(見込み顧客)、商談、取引先管理、与信管理、見積などのワークフローを自動化させられる。

 あらかじめ用意しているシステム連携のテンプレートは、22万5000種類を超える。これを基に、業務プロセスに合わせて自由に加工したり、そのまま利用したりできる。ゼロから設定するよりも短期間でワークフローを自動化できる。

 アプリケーションと連携するコネクタは、350種類以上を用意した。専用のコネクタがない場合でも、汎用的なコネクタを利用することによって、さらに多くのアプリケーションと連携できる。アプリケーションがインターネットと直接通信できない場合も、オンプレミス用のエージェントソフトウェアを介して通信できる。

関連キーワード

リックソフト / ワークフロー

関連記事

Special

-PR-

リックソフト、複数システムを連携させてワークフローを自動化するクラウドサービス「Workato」リックソフトは2019年6月18日、複数のシステムやアプリケーションを連携させてワークフロー(業務フロー)を自動化するクラウドサービス「Workato(ワーカート)」を発表した。AIやRPA(ロボットによる業務自動化)を部品としてとらえ、様々なクラウドサービスやオンプレミス環境のアプリケーションと組み合せて、全体のワークフローを自動化するとしている。価格(税別)は、「Self-service」が年額122万4000円から、「Business」が年額306万円から。

PAGE TOP