[市場動向]

NEC、生体認証・映像分析事業を強化、2021年度までに1000億円を目指す

2019年6月24日(月)IT Leaders編集部

NECは2019年6月21日、生体認証・映像分析事業のデジタルフレームワークとデジタルHubを整備したと発表した。また、この一環として生体認証・映像分析統合プラットフォームを、先行して北米で同年7月から提供開始する。NECは、同事業で2021年度までにグローバルで1000億円の事業規模を目標にする。

 NECは、生体認証・映像分析の領域で、約70の国や地域に1000システム以上を提供している。人を特定する技術である生体認証は、複数の技術をマルチモーダルに組み合わせることで、精度以外にも利便性を向上でき、様々な利用シーンで身体を「鍵」や「存在の証明」として活用することが可能になる。これに、映像分析技術を組み合わせることで、生体認証で特定した人の動作や周辺状況を理解することもできる。

図1:生体認証・映像分析によって市場価値を拡大する(出典:NEC)図1:生体認証・映像分析によって市場価値を拡大する(出典:NEC)
拡大画像表示

 NECは、注力するパブリックセーフティ領域に加えて、個人認証から地域活性化に向けたおもてなしまで、社会の様々なシーンに生体認証・映像分析技術の活用を広げていく考えだ(図1)。

 発表した、デジタルフレームワークの整備については、NEC全社のアセットとナレッジ(ノウハウ・知見)を最大限活用するための枠組みであるデジタルフレームワークを生体認証・映像分析から整備した。ユーザーへの価値提供を起点とし、様々なユースケースをビジネスフレームワークとして体系化している。また、個々のユースケースを実現するための実装モデルをシステムフレームワークとして定義している。これにより、ユーザーのニーズや課題に最適な提案、高度な価値創出が可能になるとしている。

 デジタルHubの整備については、NECのデジタルビジネスにおける中心的役割を担う全社共通機能として個別案件を支援するソリューションコア機能と、事業戦略の構築・実行を支援するビジネスコア機能を有する、デジタルHubを整備した。デジタルHubが中心となってデジタルフレームワークを活用することにより、ユーザーの課題解決につながるNECのノウハウ・知見を生かしたソリューションを、正確かつ迅速にユーザーへ提供することを目指すとしている。

 生体認証・映像分析統合プラットフォームの提供については、システムフレームワークの1つとして、生体認証・映像分析技術をユーザーのニーズや課題に適した形で自在に組み合わせて使えるように、統合プラットフォームを整備した。これにより、クラウド、ネットワーク、エッジにまたがり、生体情報や映像データをリアルタイムかつ安全に分析することが可能になるという。

 生体認証・映像分析統合プラットフォームは、先行して北米で2019年7月から提供開始する。そして、生体認証・映像分析機能のマイクロサービス化を進め、2019年度内の国内展開を目指す考えだ。

関連キーワード

NEC / 生体認証

関連記事

Special

-PR-

NEC、生体認証・映像分析事業を強化、2021年度までに1000億円を目指すNECは2019年6月21日、生体認証・映像分析事業のデジタルフレームワークとデジタルHubを整備したと発表した。また、この一環として生体認証・映像分析統合プラットフォームを、先行して北米で同年7月から提供開始する。NECは、同事業で2021年度までにグローバルで1000億円の事業規模を目標にする。

PAGE TOP