アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

トランス、マシンラーニングで採用候補者の退職率と活躍度を予測する人材採用クラウドサービス

2019年6月24日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

トランスは2019年6月24日、採用候補者の退職確率や活躍度をマシンラーニング(機械学習)で予測できる人材採用クラウドサービス「TRANS.HR」を発表した。同日、β版の提供を開始した。

 トランスのTRANS.HRは、人材採用機能を提供するクラウドサービスである。採用候補者への適正診断テストの実施、応募者データの管理、採用管理、各種分析(退職率の集計、適性診断分析など)、退職率や活躍度の予測、といった機能を一通り提供する。

図1:TRANS.HRは、マシンラーニング(機械学習)を使って退職率と活躍度の予測モデルを作成する(出典:トランス)図1:TRANS.HRは、マシンラーニング(機械学習)を使って退職率と活躍度の予測モデルを作成する(出典:トランス)
拡大画像表示

 最大の特徴は、上位プランにおいて、採用候補者の退職確率や活躍度をマシンラーニング(機械学習)で予測できること(図1)。長期間退職せずに活躍する人材モデルをマシンラーニングで作成し、採用候補者のデータを判定する。これにより、モデルにあった人材を採用できるようにする。

 予測モデルは、社員のデータを学習して作成する。採用時の適性検査データと、採用後の採用評価や考課結果、 勤怠情報、 従業員満足度などの評価データを継続的に学習する。これにより、採用時の適性検査データから、採用候補者の退職率(退職リスク、早期退職)や活躍度(入社後活躍、配置後活躍、異動後活躍)を予測する。

 採用時の適性検査として、現在50以上の適性テストを利用できる。これに加えてさらに、トランスが作成した独自の評価指標を活用した適性テスト「TRANS.適性診断」も提供する。

 β版の価格(税別)は、以下の通り。提供する機能に応じて、ライトプランは月額9800円、スタンダードプランは月額2万9800円、プロフェッショナルプランは月額4万9000円、エンタープライズプランは個別見積り。

 なお、マシンラーニングを用いた予測機能は、プロフェッショナルプラン以上でないと使えない。プロフェッショナルプランは入社後活躍予測まで、エンタープライズプランは退職予測(早期退職、退職リスク)や全フェーズでの活躍予測(入社後、配置後、異動後)ができる。

関連キーワード

トランス / HCM / マシンラーニング

関連記事

Special

-PR-

トランス、マシンラーニングで採用候補者の退職率と活躍度を予測する人材採用クラウドサービストランスは2019年6月24日、採用候補者の退職確率や活躍度をマシンラーニング(機械学習)で予測できる人材採用クラウドサービス「TRANS.HR」を発表した。同日、β版の提供を開始した。

PAGE TOP