[市場動向]

オンプレミスにクラウド環境を導入する「VMware Cloud on Dell EMC」、2019年秋から北米で開始

2019年6月28日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

「米VMwareのクラウド戦略を推進し、ここにハードウェアを提供する」――。Dell Technologies(EMCジャパン)は2019年6月28日、会見を開き、同社のクラウド戦略について説明した。2019年下期には、クラウド運用基盤をハード/ソフト込みでオンプレミス環境に構築して運用するサービス「VMware Cloud on Dell EMC」を米VMwareが提供する予定である。

写真1:Dell Technologies(EMCジャパン)でアドバンスドテクノロジーソリューションズ事業部クラウドプラットフォームスペシャリストの吉田尚壮氏写真1:Dell Technologies(EMCジャパン)でアドバンスドテクノロジーソリューションズ事業部クラウドプラットフォームスペシャリストの吉田尚壮氏
拡大画像表示

 米VMwareは、ハイブリッドクラウドを推進している。オンプレミスやパブリッククラウドを問わず、米VMwareが提供する共通のクラウド運用ソフトを利用した複数のクラウド基盤を一元的に管理できるようにしている。Dell EMCは、こうした米VMwareのクラウド戦略に賛同している。

 「米VMwareのクラウド戦略を推進し、ここにハードウェアを提供する」――これがDell EMCのクラウド戦略だと、Dell Technologies(EMCジャパン)でアドバンスドテクノロジーソリューションズ事業部クラウドプラットフォームスペシャリストの吉田尚壮氏(写真1)は説明する。

 Dell EMCは、クラウド戦略を支えるハードウェアとして、米VMwareのクラウド運用ソフトを搭載したHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品「VxRAIL」を提供している。オンプレミス環境にVxRAILを導入することによって、VMwareのクラウド運用基盤が動作するプライベートクラウドを構築できる。

 2019年下期には、VxRAILをオンプレミス環境に導入してプライベートクラウド環境をマネージド型で運用する“データセンターアズアサービス”が始まる(図1)。「VMware Cloud on Dell EMC」の名称で、米VMwareが販売する予定である。クラウドのポータル画面から注文するだけで、データセンターや拠点などにVxRAILを導入できる。プライベートクラウドの運用は米VMwareとDell EMCが担当する。

図1:「VMware Cloud on Dell EMC」の概要。任意のオンプレミス環境にVMwareのクラウド運用ソフトを搭載したVxRAILを導入し、プライベートクラウド環境を構築・運用する(出典:EMCジャパン)図1:「VMware Cloud on Dell EMC」の概要。任意のオンプレミス環境にVMwareのクラウド運用ソフトを搭載したVxRAILを導入し、プライベートクラウド環境を構築・運用する(出典:EMCジャパン)
拡大画像表示

 Dell EMCでは今後、プライベートクラウド構築用のハードウェアとして、VxRAIL以外の選択肢も用意する。VxRAILのストレージはVMware vSANに限られるが、もっと性能が高いストレージを望むユーザーなどの需要に合わせて、ストレージの選択肢を広げたコンバージドインフラ(垂直統合システム)を用意する。さらに、サーバーやストレージ、スイッチなどを検証済みの構成のものから自由に組み合わせられる製品も提供する。

関連キーワード

Dell EMC / VMware

関連記事

Special

-PR-

オンプレミスにクラウド環境を導入する「VMware Cloud on Dell EMC」、2019年秋から北米で開始「米VMwareのクラウド戦略を推進し、ここにハードウェアを提供する」――。Dell Technologies(EMCジャパン)は2019年6月28日、会見を開き、同社のクラウド戦略について説明した。2019年下期には、クラウド運用基盤をハード/ソフト込みでオンプレミス環境に構築して運用するサービス「VMware Cloud on Dell EMC」を米VMwareが提供する予定である。

PAGE TOP