[新製品・サービス]

IIJ、SaaSごとに適切な経路を選ぶ「IIJクラウドプロキシサービス」をクラウド型で提供開始

2019年7月3日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年7月3日、SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)ソフトやNFV(仮想マシン型のネットワーク機器)を利用して企業ネットワークをクラウドサービス型で提供するサービス「IIJ Omnibusサービス」を強化した。同日付けで、Office 365などのSaaS型クラウドサービスへの通信経路をIIJ Omnibusのサービス基盤上で自動的に制御する「IIJクラウドプロキシサービス」を開始した。価格(税別)は、月額16万3000円からで、初期費用は12万円から。

 IIJ Omnibusサービスは、ファイアウォール(ゲートウェイ)やメールサーバー、Webプロキシサーバー、リモートアクセスサーバーといった、これまで社内LAN上で運用していたネットワーク機器の機能を、IIJがクラウド型で提供するサービスである(関連記事IIJ、ネットワーク機能をクラウドで提供する「IIJ Omnibus」を強化、切れにくいVPNなど追加)。ユーザー企業は、アクセス回線とエッジに設置する装置さえあれば、これまでの社内LANと同様にネットワークを利用できる。

図1:IIJクラウドプロキシサービスの概要(出典:インターネットイニシアティブ)図1:IIJクラウドプロキシサービスの概要(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 今回、SaaSへのアクセス経路を適切に振り分けるクラウドプロキシ機能を追加した(図1)。拠点からいったんIIJ Omnibusサービスの網内にアクセスし、IIJ Omnibus網にあるクラウドプロキシを介して個々の経路を通ってインターネットにアクセスする形になる。通信経路の振り分けルールは、Web管理画面から簡単に設定・編集できる。ルールに優先順位を付けることによって、細かい制御ができる。

 Office 365などの特定SaaSのあて先URLをテンプレートとして提供する。背景には、Office 365は、サーバー構成の変更が頻ぱんにあり、接続先のアドレス情報(FQDN)が更新されるたびに接続先の設定を変更しなければならないという状況がある。IIJクラウドプロキシサービスでは、Office 365のアドレス情報を自動的に取得し、IIJ独自の宛先リストテンプレートとして提供する。

関連キーワード

IIJ / SDN / NFV

関連記事

Special

-PR-

IIJ、SaaSごとに適切な経路を選ぶ「IIJクラウドプロキシサービス」をクラウド型で提供開始インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年7月3日、SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)ソフトやNFV(仮想マシン型のネットワーク機器)を利用して企業ネットワークをクラウドサービス型で提供するサービス「IIJ Omnibusサービス」を強化した。同日付けで、Office 365などのSaaS型クラウドサービスへの通信経路をIIJ Omnibusのサービス基盤上で自動的に制御する「IIJクラウドプロキシサービス」を開始した。価格(税別)は、月額16万3000円からで、初期費用は12万円から。

PAGE TOP