[調査・レポート]

Kubernetesがコンテナ運用の事実標準に─IDC Japanの国内コンテナ導入状況調査

2019年7月4日(木)IT Leaders編集部

IDC Japanは2019年7月3日、コンテナ基盤ソフトウェアのDockerコンテナと、コンテナオーケストレーションツールのKubernetesの導入状況に関する調査結果を発表した。Kubernetesがコンテナオーケストレーションのデファクトスタンダードになっていることが分かった。調査は、2019年4月に国内468社に対して実施した。

 IDC Japanが国内企業におけるコンテナの導入状況について調査した結果(図1)、本番環境で使用している企業は9.2%となり、2018年調査からの上昇率は1.3ポイントにとどまった。さらに導入構築/テスト/検証段階にある企業は16.7%となり、これも2018年調査からわずかな上昇となった。

図1:Dockerコンテナの導入状況に関するユーザー調査結果(調査年別)(出典:IDC Japan)図1:Dockerコンテナの導入状況に関するユーザー調査結果(調査年別)(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 この結果から、IDC Japanは「Dockerコンテナは導入構築やテスト/検証に時間を要し、本番運用になかなか移れていない状況にあると考えられる」と分析する。また、使用を計画、検討している企業と情報収集や調査を行っている企業の割合が2018年調査からやや低下している。導入意向のある企業とそうでない企業がはっきりしてきており、具体的な導入に向けた検討や調査の段階に移ってきているという。

 コンテナを本番環境で使用している企業と導入構築/テスト/検証段階にある企業を対象に、Dockerコンテナ環境で使用しているコンテナオーケストレーションツールについて調査した結果、45.5%の企業がKubernetesを使用していることが分かった。その次に多く使用されているのがベンダーディストリビューションであるRed Hat OpenShift Container Platform(Red Hat OpenShift)で19.8%となった。

 Red Hat OpenShiftでは、コンテナオーケストレーションツールとしてKubernetesを採用している。このため、Kubernetesがコンテナオーケストレーションのデファクトスタンダード(事実上の標準)になっていることが分かる。

●Next:コンテナの導入環境や導入要因は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

Docker / Kubernetes / コンテナ

関連記事

Special

-PR-

Kubernetesがコンテナ運用の事実標準に─IDC Japanの国内コンテナ導入状況調査IDC Japanは2019年7月3日、コンテナ基盤ソフトウェアのDockerコンテナと、コンテナオーケストレーションツールのKubernetesの導入状況に関する調査結果を発表した。Kubernetesがコンテナオーケストレーションのデファクトスタンダードになっていることが分かった。調査は、2019年4月に国内468社に対して実施した。

PAGE TOP