[新製品・サービス]

ネットアップ、オールフラッシュストレージに270万円からのエントリー機、中小企業向けに提供

2019年7月4日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットアップは2019年7月4日、オールフラッシュ構成のSAN/NAS統合ストレージのエントリー機種「NetApp AFF C190」を発表、同日に提供を開始した。価格(税別)は270万円から、従来のエントリー機種「A220」(500万円程度)よりも安価な値段に抑えた。高額であるためにオールフラッシュストレージを購入できなかった中小企業に向けて提供する。

写真1:ネットアップで執行役員パートナー・アライアンス営業本部本部長を務める北野宏氏写真1:ネットアップで執行役員パートナー・アライアンス営業本部本部長を務める北野宏氏
拡大画像表示

 「オールフラッシュは、これまで中小企業には手が届かなかった。だから安い製品を用意した」――。ネットアップで執行役員パートナー・アライアンス営業本部本部長を務める北野宏氏(写真1)は、エントリー機種の新製品を投入した背景をこう説明する。これまでの最安価機種「A220」は500万円程度だったが、新機種のC190は270万円からという低価格に抑えている。

 C190はエントリー機種だが、ストレージ機能を提供するOSソフトウェアは、上位機種と同じストレージ専用OS「ONTAP 9」を搭載する(図1)。これにより、各種のストレージ機能を利用できる。

 例えば、インラインでデータの重複を排除したり圧縮したりする機能、物理ディスク容量を超えるボリューム容量を設定するシンプロビジョニング機能、データのコピーを筐体内で作成するスナップショット機能、筐体間でデータを同期/非同期でレプリケーションする機能などを利用できる。

図1:オールフラッシュストレージにエントリー機種を追加して中小企業でも購入しやすくした(出典:ネットアップ)図1:オールフラッシュストレージにエントリー機種を追加して中小企業でも購入しやすくした(出典:ネットアップ)
拡大画像表示

 C190の筐体は2Uラックマウント型で、2つのコントローラを搭載して冗長性を持たせた(写真2)。ドライブ構成は、SAS接続のSSD(容量は960GB)を、シンプルに4種類(8/12/18/24基)から選ぶようにした。ネットワークポートは、Ethernet構成(10GbE×8ポート)とEthernet/Fibre Channel(FC)兼用構成(16Gb FCまたは10GbE×8ポート)から選択する。

写真2:NetApp AFF C190の外観写真2:NetApp AFF C190の外観
拡大画像表示

 実効データ容量は、1対3(3倍)で重複排除/圧縮した場合に、13TB(8基)、24TB(12基)、40TB(18基)、55TB(24基)になる。あまりアクセスしないデータをクラウドストレージへと退避させるILM(階層型ストレージ管理)機能も備える。クラウドストレージ10TB分の階層化ライセンスが無償で付くため、追加料金なしで10TB分のデータをクラウドに移動できる。

 なお、ネットアップでは、重複排除/圧縮効率が高いワークロードも低いワークロードも含めて、すべてのワークロードにおいて少なくとも3倍の効率化を保証する「ネットアップギャランティープログラム」を提供している。ワークロードの種類に応じて、例えばVDI(デスクトップ仮想化環境)用途なら8倍の効率化を保証する。

関連キーワード

NetApp / SSD / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

ネットアップ、オールフラッシュストレージに270万円からのエントリー機、中小企業向けに提供ネットアップは2019年7月4日、オールフラッシュ構成のSAN/NAS統合ストレージのエントリー機種「NetApp AFF C190」を発表、同日に提供を開始した。価格(税別)は270万円から、従来のエントリー機種「A220」(500万円程度)よりも安価な値段に抑えた。高額であるためにオールフラッシュストレージを購入できなかった中小企業に向けて提供する。

PAGE TOP