[新製品・サービス]

電算システム、クラウドBIソフト「Looker」を販売、外部DBのデータを簡便に可視化

2019年7月5日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

電算システムは2019年7月5日、クラウド型で利用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェア「Looker」(ルッカー)の販売を開始した。特徴は、LookMLと呼ぶモデリング言語で指標を定義することによって、自動的にSQLを生成してデータを取得できること。開発会社は、米Looker Data Sciences。

 Lookerは、クラウド型で利用できるBIソフトウェアである(図1)。特徴は、LookMLと呼ぶモデリング言語で指標を定義することによって、自動的にSQLを生成してデータを取得できること。LookMLであらかじめ定義した指標を利用することで、分析結果などデータの一貫性を担保できるとしている。

図1:Lookerの概要(出典:電算システム)図1:Lookerの概要(出典:電算システム)
拡大画像表示

 各種のデータソースからデータを直接取り込んで可視化できる。Redshift、Snowflake、BigQuery、および50以上のSQLデータベースとつながる。複数のクラウドに分散した複数のデータソースからデータを取り込める。

 可視化のためのグラフは、マップやタイムライン、組み合わせチャートなど、多数の可視化ライブラリを用意した。これらをカスタマイズして使うこともできる。ダッシュボードに可視化グラフを表示して、アラートを設定したり、スケジュールを組んだりできる(画面1)。

画面1:Lookerの画面イメージ(出典:電算システム)画面1:Lookerの画面イメージ(出典:電算システム)
拡大画像表示

 電算システムは、Google Cloud Platform(GCP)の販売会社でもある。Lookerの接続先データベースとして、GCPのデータベース(BigQuery、CloudSQL、CloudSpannerなど)を合わせて提供する。

関連キーワード

Looker / 電算システム

関連記事

Special

-PR-

電算システム、クラウドBIソフト「Looker」を販売、外部DBのデータを簡便に可視化電算システムは2019年7月5日、クラウド型で利用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェア「Looker」(ルッカー)の販売を開始した。特徴は、LookMLと呼ぶモデリング言語で指標を定義することによって、自動的にSQLを生成してデータを取得できること。開発会社は、米Looker Data Sciences。

PAGE TOP