[新製品・サービス]

富士通、自動記事要約システムを試用公開、ディープラーニング使い「生成型要約機能」を実現

2019年7月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2019年7月8日、自動で記事を要約するシステムを2019年度下期に提供すると発表した。重要文を抽出する機能や、ディープラーニング(深層学習)による文生成型の要約機能などを提供する。これに先立ち、機能を試すことができるトライアルサイトを7月8日に公開した。トライアルサイトは電話で申し込むことで無償で利用できる。

 自動記事要約システムのトライアルサイトを公開した。企業は、トライアルサイトに無償で登録できる。要約したい文章をサイト上に入力するだけで、180文字以内(または54文字以内)の要約文を瞬時に得られる。「重要文抽出機能」と「生成型要約機能」という2つの要約機能を提供する。

 重要文抽出機能は、文章全体の中で重要度が高い文を抽出する機能である。抽出した文を組み合わせて180字以内の要約記事を生成する。

 従来の一般的な要約作成方法は、文章の冒頭部分を機械的に抜粋して要約文章を作成するというものだった。これに対して重要文抽出機能は、文章全体を対象に重要度が高い文を抽出する。これにより、人手と同等の精度で要約文章を作成できる。

 一方の生成型要約機能は、単語の結合や長い表現を言い換えることで、より短い54文字以内の文章に要約する機能である。重要文抽出機能が文単位で抽出するのに対して、生成型要約機能では文の表現も言い換える。SNS投稿や公共交通機関の電光掲示版に配信するニュースなどの作成に活用できる。

 生成型要約機能では、ディープラーニング(深層学習)を使って、約8万件の記事全文と要約記事のデータを学習させた。単語の削除、語順の変更、言い換えを学習したモデルを用いることで、単語や接続詞などを文章がつながるように組み合わせて要約文を作成する(図1)。

図1:生成型要約機能による要約イメージ(出典:富士通)図1:生成型要約機能による要約イメージ(出典:富士通)
関連キーワード

富士通 / ディープラーニング

関連記事

Special

-PR-

富士通、自動記事要約システムを試用公開、ディープラーニング使い「生成型要約機能」を実現富士通は2019年7月8日、自動で記事を要約するシステムを2019年度下期に提供すると発表した。重要文を抽出する機能や、ディープラーニング(深層学習)による文生成型の要約機能などを提供する。これに先立ち、機能を試すことができるトライアルサイトを7月8日に公開した。トライアルサイトは電話で申し込むことで無償で利用できる。

PAGE TOP