アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立Sol、大量の図面から類似率の高い順で図面を探す「類似図面検索AIソフトウェア」を販売

2019年7月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2019年7月8日、大量の図面から類似率の高い順で図面を探す「類似図面検索AIソフトウェア」を発表した。AIによる画像認識を活用している。同年7月9日から販売する。価格(税別)は、個別見積もり。

 日立ソリューションズの類似図面検索AIソフトウェアを用いて、ユーザーは、大量の図面の中から、類似率が高い順番に図面を探し出せる(画面1)。図面の特徴をAIに学習させる仕組み。同社の試算では、約20万件の図面から類似する図面と図面内の部品を1秒で検索できる。

画面1:図面の一部分で検索した結果(出典:日立ソリューションズ)画面1:図面の一部分で検索した結果(出典:日立ソリューションズ)

 背景には、技術者が図面を入手するためには、経験と勘に頼って図面を検索するしかない、という状況がある。図面は電子化されているが、整理されていないからである。図面の検索には、膨大な手間と時間がかかっている。

 一方で、類似図面検索AIソフトウェアを使うと、既存の図面を再利用して設計するといったことが簡単にできる。また、不良が発生した部品の類似品を見つけ出すことで、早期に対策を打てるようになる。

 Web APIを介して既存の業務システムと連携する。これにより、既存のシステム環境を大幅に変更することなく製品を導入できる。

 稼働環境は、サーバーOSがLinux(Ubuntu 16.04)。Webアプリケーション型で動作し、Webブラウザから利用できる。検索対象のファイル形式は、TIFF、PDF、JPG、PNGなどで、各ユーザーが図面を保存している各形式を利用できる。

関連キーワード

日立ソリューションズ

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、大量の図面から類似率の高い順で図面を探す「類似図面検索AIソフトウェア」を販売日立ソリューションズは2019年7月8日、大量の図面から類似率の高い順で図面を探す「類似図面検索AIソフトウェア」を発表した。AIによる画像認識を活用している。同年7月9日から販売する。価格(税別)は、個別見積もり。

PAGE TOP