[調査・レポート]

国内HCI市場は急成長が続く、2023年まで年平均18.1%で成長―IDC Japan調べ

2019年7月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2019年7月8日、国内におけるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)市場の予測を発表した。2018年の国内HCI市場の支出額は305億2000万円(前年比成長率93.9%)になった。国内HCI市場は急成長が続いている。

 2018年の国内HCI市場の支出額は、305億2000万円(前年比成長率93.9%)だった。2018年は、年間を通じて大手企業への普及が進み、幅広い産業分野に導入が広がった。HCIは、VDI(デスクトップ仮想化)に加えて、サーバー仮想化環境向けのITインフラの選定において標準的な選択肢となっている。

 IDC Japanによる将来の予測値は、2023年の支出額が700億7800万円で、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR)は18.1%である(表1)。

表1:国内ハイパーコンバージドシステム市場予測(2018年~2023年)(出典:IDC Japan)表1:国内ハイパーコンバージドシステム市場予測(2018年~2023年)(出典:IDC Japan)

 IDC Japanによると、短期的には仮想化環境の課題を解決する基盤としてHCIの普及が進む。中長期的には、デジタル変革によって生まれる新たなワークロードへの対応や、デジタル変革に対応するITインフラとして普及が拡大する。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内ハイパーコンバージドシステム市場予測、2019年~2023年」(JPJ44006419)で詳細を報告している。本レポートでは、国内HCI市場におけるワークロード別および地域別の2019年~2023年の市場規模予測などを提供している。

 なお、HCIは、ノード数を増やすスケールアウトによってコンピューティング性能とストレージ容量を拡張できるサーバー機である。ミドルウエアとして、サーバー仮想化ソフトに、サーバーが内蔵しているストレージを束ねて複数ノードにまたがった共有ストレージを構成できる分散ストレージソフトを組み合わせている。
 

関連キーワード

HCI / IDC / 市場予測

関連記事

Special

-PR-

国内HCI市場は急成長が続く、2023年まで年平均18.1%で成長―IDC Japan調べIDC Japanは2019年7月8日、国内におけるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)市場の予測を発表した。2018年の国内HCI市場の支出額は305億2000万円(前年比成長率93.9%)になった。国内HCI市場は急成長が続いている。

PAGE TOP