[新製品・サービス]

サイバートラスト、IoT組み込み用の「EMLinux」評価版を公開、10年以上の長期サポートを提供

2019年7月9日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイバートラストは2019年7月9日、IoT機器を長期に使い続けられるようにするサービス「EM+PLS(イーエムプラス)」を発表した。2019年秋から提供する。2019年7月9日付けで、EM+PLSの主な要素の1つである組み込み向けLinux OS「EMLinux(イーエムリナックス)」の試用版を提供開始した。EMLinuxは、10年以上の長期にわたってサポートする組み込み向けLinux OSである。

 EM+PLSは、IoT向けに10年以上にわたってサポートする組み込みLinux「EMLinux」を中核に、IoT製品の長期ライフサイクルを支援するサービスである。EMLinuxのほかに、IoT機器が本物であることを担保するトラストサービスや、製造から廃棄までのサプライチェーンにおいて法改正やコンプライアンスの変化に対応するためのツール群、などを提供する。

図1:EMLinuxの概要。10年以上にわたってファームウェアのアップデートやパッチの提供といったサポートを提供する(出典:サイバートラスト)図1:EMLinuxの概要。10年以上にわたってファームウェアのアップデートやパッチの提供といったサポートを提供する(出典:サイバートラスト)

 今回、EM+PLSの中核となるEMLinuxの試用版を公開した(図1)。ユーザー企業による使用感などのフィールドテストを経て、2019年秋のサービス提供開始を目指す。提供開始後も、機能拡張を含めて段階的にアップグレードを実施しつつ、対応するSoC(System-on-a-chip)や各パートナ企業との連携を強化していく。

 EMLinuxは、社会インフラ向けに産業グレードのオープンソース基盤を提供するプロジェクトで、サイバートラストや東芝、日立製作所などが参加している「CIP」(Civil Infrastructure Platform)をベースにしたLinuxディストリビューションである(図1)。CIPのカーネルとコアにEMLinuxの基本パッケージを追加している。これを、10年以上にわたってサポートする。

 サイバートラストでは、組み込み機器を開発する個々のユーザーの需要に合わせて、カスタマイズや機能追加開発を行う。IoT機器への組み込みに関して発生する、グラフィック/サウンドなどのデバイスドライバー周りの開発や、OSのカスタマイズによる高速起動などについても、ユーザーの要望に合わせて受託開発を請け負う。

 背景には、IoT機器の普及とともにソフトウェアの脆弱性を狙ったサイバーセキュリティのリスクが高まっているという状況がある。製造業界においては、製品リリースの短期化・効率化が求められている。製品リリース後も、10年以上の製品利用期間にわたって継続した保守・運用が求められる。法改正などに遵守していく必要もある。

関連記事

Special

-PR-

サイバートラスト、IoT組み込み用の「EMLinux」評価版を公開、10年以上の長期サポートを提供サイバートラストは2019年7月9日、IoT機器を長期に使い続けられるようにするサービス「EM+PLS(イーエムプラス)」を発表した。2019年秋から提供する。2019年7月9日付けで、EM+PLSの主な要素の1つである組み込み向けLinux OS「EMLinux(イーエムリナックス)」の試用版を提供開始した。EMLinuxは、10年以上の長期にわたってサポートする組み込み向けLinux OSである。

PAGE TOP