[新製品・サービス]

サイバートラスト、システム監視ソフトMIRACLE ZBXにAWS環境向けの仮想アプライアンス

2019年7月12日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイバートラストは2019年7月12日、仮想化環境に特化したシステム監視用仮想アプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V4.0」の派生製品として、AWS(Amazon Web Services)環境で動作する版を発表した。「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V4.0 for AWS」の名称で、同日提供を開始した。

 MIRACLE ZBX Virtual Applianceは、システム監視ソフト(SNMPマネージャ)の「MIRACLE ZBX」を仮想アプライアンス化した製品である(関連記事サイバートラスト、仮想環境向けシステム監視ソフトに新版「MIRACLE ZBX VA 4.0」)。VMwareのサーバー仮想化環境(VMware ESXi 6.0/6.5/6.7)で動作する。

 今回、サーバー仮想化環境の選択肢を増やし、IaaS型パブリッククラウドサービスのAWS環境で動作する版を用意した。これを使うと、仮想サーバー(インスタンス)上のOSに手動でシステム監視ソフトをインストールすることなく、仮想アプライアンス型のシステム監視サーバーをAWS環境に簡便に配備できる。

 これまでもVMware環境以外の環境で動作させる術として、別途サイバートラストに相談することによって、Microsoft Hyper-V環境やAWS環境で動作する版を得ることができていた。今回、カタログ製品としてAWS版を最初から用意した形である。

 機能はすべて、標準版(VMware版)に準じる。システム監視ソフトの現行版(MIRACLE ZBX 4.0)をベースにしている。MIRACLE ZBX 4.0での機能強化点である「アラートメール停止機能」や、Zabbix 4.0の機能強化点を利用できる。

 価格は、既存の標準版(VMware版)と同一である。監視対象100台未満の価格(税別)は、年間インシデント数5件までの「MIRACLE ZBX サポートインシデント」付きが年額60万円から。年間インシデント数無制限の「MIRACLE ZBX サポートスタンダード」付きが、1年で120万円から、3年で324万円から、5年で510万円から。

関連記事

Special

-PR-

サイバートラスト、システム監視ソフトMIRACLE ZBXにAWS環境向けの仮想アプライアンスサイバートラストは2019年7月12日、仮想化環境に特化したシステム監視用仮想アプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V4.0」の派生製品として、AWS(Amazon Web Services)環境で動作する版を発表した。「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V4.0 for AWS」の名称で、同日提供を開始した。

PAGE TOP