[新製品・サービス]

アイレット、cloudpackでAWSに加えてGCPの構築・運用サービス

2019年7月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

パブリッククラウドの運用サービス「cloudpack(クラウドパック)」などを手がけるアイレットは2019年7月16日、cloudpackにおいてGCP(Google Cloud Platform)の運用サービスを開始すると発表した。これまで提供してきたAWS(Amazon Web Services)の運用サービスにGCPを追加した形である。

 アイレットが運営するcloudpackは、パブリッククラウドの運用サービスである。これまではAWSに特化したサービスとして、AWSの運用サービスや請求代行サービス、システム構築サービスを提供してきた。2013年にAWSからプレミアコンサルティングパートナーの認定を受けており、2018年8月末時点で1200社2500プロジェクトを超える実績がある。

 今回、AWS以外の選択肢としてGCPを追加した。まずは、GCPの構築サービスの提供を開始する。その後に順次、GCPの請求代行サービスや運用保守サービスの提供を開始する。背景には、近年になってGCPの導入支援の相談件数が増えていたという状況がある。また、個々のクラウドサービスの得意領域に合わせた選択が主流になってくる、とアイレットは見ている。

 なお、GCP関連サービスの開始にあたってアイレットは、Google Cloudパートナープログラムにおいてプレミアサービスパートナーの認定を取得している。

関連キーワード

アイレット / AWS / Google Cloud Platform

関連記事

Special

-PR-

アイレット、cloudpackでAWSに加えてGCPの構築・運用サービスパブリッククラウドの運用サービス「cloudpack(クラウドパック)」などを手がけるアイレットは2019年7月16日、cloudpackにおいてGCP(Google Cloud Platform)の運用サービスを開始すると発表した。これまで提供してきたAWS(Amazon Web Services)の運用サービスにGCPを追加した形である。

PAGE TOP