[新製品・サービス]

NEC、免許不要で使えるプライベートLTEシステムを2020年初頭に出荷

2019年7月22日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2019年7月22日、免許不要で使えるプライベートLTEシステムを開発したと発表した。2020年初頭に商用出荷を開始する予定である。通信規格は、1.9GHz周波数帯を使った自営通信用のTD-LTE規格(時分割多重のLTE規格)であるsXGP(shared eXtended Global Platform)に準拠している。

 プライベートLTEは、LTE方式を用いた、企業などが自ら運用する自社専用のローカル無線通信ネットワークである。工場、倉庫、病院などにおいて、特定のユーザーや用途に向けて独自のLTEネットワークを構築できる。

写真1:アクセスポイントの外観。幅232×奥行232×高さ40ミリメートル(出典:NEC)写真1:アクセスポイントの外観。幅232×奥行232×高さ40ミリメートル(出典:NEC)

 システムは、アクセスポイントとコントローラで構成する(写真1)。アクセスポイントは、天井設置と壁掛けの2通りの方法で設置できる。PoE(Power over Ethernet)により、ネットワークケーブル経由で給電できるため、電源を確保できない場所でも運用できる。コントローラは、複数のアクセスポイントを集中管理できる。

 sXGPは、免許不要で使えるLTE規格である。外来ノイズが少ない周波数帯(1.9GHz)を用いているため無線の干渉が少ないとしている。LTEのSIM認証や外部にデータを出さないクローズドなネットワーク構成により、工場・倉庫や病院などにおいて秘匿性の高いネットワークを構築できる。また、公衆回線の通信が断絶しても単独で動作するため、BCP対策との親和性も高い。

 工場・倉庫の構内ネットワークを無線化する用途に使える。工場設備をレイアウトフリーで配置できるようになる。倉庫内での運搬を無人搬送車で自動化するといった使い方も実現できる。また、病院向けには、内線システムを無線化した上でナースコールシステムと連動させたシステムを提供する。現在、ナースコールベンダーとの取り組みを進めている。

関連記事

Special

-PR-

NEC、免許不要で使えるプライベートLTEシステムを2020年初頭に出荷NECは2019年7月22日、免許不要で使えるプライベートLTEシステムを開発したと発表した。2020年初頭に商用出荷を開始する予定である。通信規格は、1.9GHz周波数帯を使った自営通信用のTD-LTE規格(時分割多重のLTE規格)であるsXGP(shared eXtended Global Platform)に準拠している。

PAGE TOP