メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NECがメインフレームACOS中型機の新モデル、19インチラックに収容可能に

2019年7月26日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2019年7月26日、メインフレーム「ACOSシリーズ」中型機の新モデル「i-PX9800モデルS200」を発表した。同時に、ACOSシリーズ向けストレージの新モデル「iStorage A5200」および「iStorage A3200」を発表した。いずれも2019年9月から販売し、2019年12月3日から出荷する。

 i-PX9800モデルS200は、メインフレーム中型機の新モデルである。新モデルでは新たに、データセンターへの導入を容易にできるように、標準の19インチラックに搭載できるモデル「データセンター対応モデル」をラインナップに加えた(写真1)。

写真1:i-PX9800モデルS200(データセンター対応モデル)の外観写真1:i-PX9800モデルS200(データセンター対応モデル)の外観

 また、操作端末、ディスク、仮想テープ装置などのACOSを構成する各装置を、1つのきょう体に搭載できるようにした。これにより、操作端末を含めた設置面積を、最大で約70%削減した。

 機能面では、ハードウェアによるデータ暗号化機能を追加した。暗号化はデータベースファイルごとに設定でき、対象ファイルの判別、暗号鍵の管理、データの暗号化/復号処理を自動で行える。業務アプリケーションからは、透過的かつ高速にデータベースを暗号化ができる。

 価格(税別、以下同)は、周辺装置(ストレージ、仮想テープ)を含んだ最小システム構成で、月額200万円から。

ストレージも新モデルに、処理性能を向上

 iStorage A5200は、ストレージの新モデルである。SSDの全面採用、マルチコアプロセッサの採用、内部インタフェースの帯域強化などにより、処理性能を高めた。従来モデル比でIOPS性能を3倍、スループットを2倍に向上させた。

 ホストマシンとの接続ポート数も倍増させ、ストレージ装置の設置効率を2倍に改善した。さらに、ストレージ単体で、重複排除ストレージ「iStorage HS」へのバックアップを、業務を停止することなくオンラインで行えるようにした。

 iStorage A5200の価格は、月額218万円から。

 iStorage A3200は、ストレージの新モデルである。特徴は、省スペースであることと、低消費電力であること。新モデルでは、IOPS性能を従来モデル比で1.4倍に向上させている。

 iStorage A3200の価格は、月額48万円から。

関連記事

Special

-PR-

NECがメインフレームACOS中型機の新モデル、19インチラックに収容可能にNECは2019年7月26日、メインフレーム「ACOSシリーズ」中型機の新モデル「i-PX9800モデルS200」を発表した。同時に、ACOSシリーズ向けストレージの新モデル「iStorage A5200」および「iStorage A3200」を発表した。いずれも2019年9月から販売し、2019年12月3日から出荷する。

PAGE TOP