[新製品・サービス]

IIJ、Amazon S3互換クラウドストレージを強化、西日本/東日本の2リージョン構成に

2019年7月31日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年7月31日、クラウドストレージ「IIJオブジェクトストレージサービス」(旧称は「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」)を強化した。既存の西日本リージョンに加えて東日本リージョンでのサービス提供を開始した。

 IIJオブジェクトストレージサービスは、Amazon S3互換のREST APIでアクセスできるクラウド型のオブジェクトストレージである。特徴の1つは、保存容量に上限がないこと。大容量バックアップやアーカイブなどに向く。また、REST APIだけでなく、Web画面からファイルのアップロードとダウンロードができる。

 価格(税別)は、1Gバイトあたり月額7円。データ保存量に対して従量課金するシンプルな料金体系を採用しており、データのアップロードとダウンロードにともなうデータ転送料は発生しない。

 今回の強化では、既存の西日本リージョンに加えて、東日本リージョンでのサービスを開始した(図1)。DR(災害時復旧)対策として東西間で冗長化を図ったり、重要なデータを別リージョンに遠隔地保管したりできるようになった。

図1:IIJオブジェクトストレージサービスの概要。西日本リージョンと東日本リージョンを用意している(出典:インターネットイニシアティブ)図1:IIJオブジェクトストレージサービスの概要。西日本リージョンと東日本リージョンを用意している(出典:インターネットイニシアティブ)

 インターネットと直接接続できないシステムの場合、IIJのバックボーン上にユーザー専用のプライベートネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」を経由することで、閉域接続ができる。現在、西日本リージョン経由の閉域ネットワークを提供している。今後、東日本リージョンにおいても提供する予定。

関連記事

Special

-PR-

IIJ、Amazon S3互換クラウドストレージを強化、西日本/東日本の2リージョン構成にインターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年7月31日、クラウドストレージ「IIJオブジェクトストレージサービス」(旧称は「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」)を強化した。既存の西日本リージョンに加えて東日本リージョンでのサービス提供を開始した。

PAGE TOP