[新製品・サービス]

ウイングアーク1st、BIエンジン「Dr.Sum」のクラウド版「Dr.Sum Cloud」を提供

2019年8月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ウイングアーク1stは2019年8月1日、BI(ビジネス・インテリジェンス)ソフトウェアの「Dr.Sum」をクラウド型で利用できるサービス「Dr.Sum Cloud」を発表した。同日付けで提供を開始した。価格(税別)は、最小構成となる「Small」ライセンスで月額25万円。

 Dr.Sumは、BIソフトウェアである。中核機能として、インメモリー型のデータベースエンジンを搭載している。企業情報システムのデータを収集して高速に集計するエンジンとして利用できる。1テーブルあたり数10億件といった大量データを運用できる。データは、ExcelやWebブラウザ、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」などを用いて分析・可視化できる。

 今回、Dr.Sumをクラウド型で提供するDr.Sum Cloudの提供を開始した(図1)。利用規模や用途に応じて、3つのライセンス(Small、Medium、Large)を用意した(記事末の表1)。価格(税別)は、Smallが月額25万円、Mediumが月額50万円、Largeが月額200万円から。

図1:BIソフトのDr.Sumをクラウド型で提供する(出典:ウイングアーク1st)図1:BIソフトのDr.Sumをクラウド型で提供する(出典:ウイングアーク1st)
拡大画像表示

 Mediumライセンスでは、Smallライセンスが備えない機能として、「Dr.Sum Data Funnel」を搭載している(関連記事ウイングアーク1st、BIソフト新版「Dr.Sum Ver.5.1」、IoTデータをリアルタイム処理可能に)。IoTデータのリアルタイム処理に向いた機能であり、ミリ秒単位のストリーミングデータを収集・加工できる。

表1:Dr.Sum Cloudのラインアップ
ライセンス名称 Small Medium Large
ベース環境(相当) 4コア16Gバイト 16コア64Gバイト 個別要件をヒアリングの上、ユーザーのニーズに合わせた環境を提供
ストレージ 2Tバイト 2Tバイト
データ件数 2000万件/テーブル 1億件/テーブル
インメモリー処理 -
同時実行数 制限なし 制限なし
Dr.Sum Data Funnel -
初期費用 50万円
月額利用料 25万円 50万円 200万円から
関連記事

Special

-PR-

ウイングアーク1st、BIエンジン「Dr.Sum」のクラウド版「Dr.Sum Cloud」を提供ウイングアーク1stは2019年8月1日、BI(ビジネス・インテリジェンス)ソフトウェアの「Dr.Sum」をクラウド型で利用できるサービス「Dr.Sum Cloud」を発表した。同日付けで提供を開始した。価格(税別)は、最小構成となる「Small」ライセンスで月額25万円。

PAGE TOP