[新製品・サービス]

ヤマハ、仮想ルーター「vRX」を発表、AWS版を2019年9月に提供

2019年8月6日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2019年8月7日、これまでハードウェアとして提供してきたヤマハルーターをソフトウェアルーター化した「vRX」を発表した。まずはAWS(Amazon Web Services)上で動作するAMI版を2019年9月から提供する。順次、他の仮想化環境で動作する版を提供する。価格(税別)は、上限速度10Mビット/秒の最小構成で年額1万6500円。

 vRXは、ヤマハが提供する、仮想アプライアンス型のソフトウェアルーターである。同社がこれまで提供してきたハードウェア型のルーター機器とソフトウェアの大半を共通化している。一部、使えない機能があるが、既存のハードウェア型ルーターの大多数のコマンドをそのまま利用できる(画面1)。

画面1:vRXのコマンドラインインタフェース画面の例(出典:ヤマハ)画面1:vRXのコマンドラインインタフェース画面の例(出典:ヤマハ)
拡大画像表示

 ハードウェア型ルーターのようにスペックが固定されていないので、導入するライセンスやインスタンスタイプを変更することで、速度やVPNの接続拠点数といったスペックをスケール(拡張)できる。例えば、初期導入時は10Mビット/秒でVPN接続拠点数10で使い始め、いずれ10Gビット/秒でVPN接続拠点数5000に拡張するといったことができる。

 vRXが動作するサーバー仮想化環境の第1弾として、AWS(Amazon Web Services)のAmazon EC2上で動作するAMI版を用意した。AWSのIaaS環境にvRXを配備してヤマハルーターとして利用できる。vRXもAWS上の1つのインスタンスとして動作するので、AWSのコンソール上から各種サーバーと同じく一元管理できる。

 L2TP/IPsecによるVPN接続機能を備える。スマートフォンやタブレットからVPNで接続できる。また、固定IPアドレス環境を用意しなくても、動的IPアドレスを持つ端末からIPsecでVPN接続できるように、IPsecの通常モードに加えてアグレッシブモードを搭載した。

 ライセンスは、速度の上限を定める基本ライセンス(表1)と、VPNの接続拠点数を定めるオプションライセンス(表2)で構成する。VPN接続を利用する場合は、基本ライセンスとVPNオプションライセンスの両方が必要になる。なお、最大20日間無料で使えるトライアルライセンスも用意した。トライアルライセンスの速度は10G ビット/秒でVPN対地数は100の予定。

表1:「vRX」の基本ライセンス(価格は税別)
品名 上限速度 ライセンス価格 有効期間
vRX基本ライセンス10Mbps 1年 10Mビット/秒 1万6500円 1年
vRX基本ライセンス20Mbps 1年 20Mビット/秒 2万円 1年
vRX基本ライセンス100Mbps 1年 100Mビット/秒 6万2000円 1年
vRX基本ライセンス500Mbps 1年 500Mビット/秒 18万6000円 1年
vRX基本ライセンス1Gbps 1年 1Gビット/秒 30万円 1年
vRX基本ライセンス10Gbps 1年 10Gビット/秒 200万円 1年
表2:「vRX」のVPNオプションライセンス(価格は税別)
品名 VPN対地数 ライセンス価格
vRXオプションライセンスVPN10対地 10対地 2万円
vRXオプションライセンスVPN100対地 100対地 18万8000円
vRXオプションライセンスVPN500対地 500対地 86万円
vRXオプションライセンスVPN1000対地 1000対地 156万円
関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、仮想ルーター「vRX」を発表、AWS版を2019年9月に提供ヤマハは2019年8月7日、これまでハードウェアとして提供してきたヤマハルーターをソフトウェアルーター化した「vRX」を発表した。まずはAWS(Amazon Web Services)上で動作するAMI版を2019年9月から提供する。順次、他の仮想化環境で動作する版を提供する。価格(税別)は、上限速度10Mビット/秒の最小構成で年額1万6500円。

PAGE TOP