[事例ニュース]

協和化学工業、プロセス製造業向けERP「Infor M3」のクラウド版を導入

2019年8月8日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

工業や医療向けに化学製品を製造・販売する協和化学工業は、プロセス製造業向けのERP(統合基幹業務システム)である「Infor M3」のクラウド版を導入した。2019年4月から国内の販売拠点で稼働を開始している。今後順次、海外の販売拠点にも導入する。Infor M3を導入したインフォアジャパンが2019年8月7日に発表した。

 協和化学工業は、オフコンの老朽化に合わせて、プロセス製造業向けのERPであるInfor M3のクラウド版を導入した。販売、購買、在庫管理をカバーする。2019年4月から国内の販売拠点で稼働を開始している。今後順次、海外の販売拠点にも導入し、グローバルで販売、購買、在庫の情報を一元管理できるようにする。Infor M3によって、属人的だった業務プロセスの標準化も進めている。

 将来的には、販売、購買、在庫の管理だけでなく、生産管理の機能も導入する。これにより、グローバル視野で需給を調整できるようにする。

 Infor M3を導入した背景には、海外での事業が拡大する中で安定供給を実現するため、海外拠点との密な情報連携が必要となっているという状況がある。一方で、これまで利用していたオフコン環境下の販売・購買・在庫管理システムでは、ビジネスの変革を進められずにいたとしている。

関連記事

Special

-PR-

協和化学工業、プロセス製造業向けERP「Infor M3」のクラウド版を導入工業や医療向けに化学製品を製造・販売する協和化学工業は、プロセス製造業向けのERP(統合基幹業務システム)である「Infor M3」のクラウド版を導入した。2019年4月から国内の販売拠点で稼働を開始している。今後順次、海外の販売拠点にも導入する。Infor M3を導入したインフォアジャパンが2019年8月7日に発表した。

PAGE TOP