[事例ニュース]

第一実業、SAP S/4HANAを採用、スクラッチ開発の契約管理システムを刷新

2019年8月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

産業用機械のサプライヤである第一実業は、グローバル経営管理基盤として「SAP S/4HANA」を採用した。システムの構築とプロジェクト管理は、アイ・ピー・エス(IPS)が実施する。SAPジャパンとIPSが2019年8月20日に発表した。

 第一実業はこれまで、契約管理の業務について、スクラッチで開発したシステムを30年以上にわたって運用してきた。しかし、新収益認識基準への対応や、ビジネスのグローバル化への対応が必須になってきたことから、ERP(統合基幹業務システム)の選定を開始した。

 複数のERP製品を検討した結果、SAP S/4HANAを採用した。導入にあたっては、IPSが提供する業務テンプレートを活用する。SAP S/4HANAの導入によって、契約業務の一元管理や全書類の電子化に加えて、取引単位での採算などを可視化する。

 なお、SAP S/4HANAを動作させるインフラ基盤として、運用管理付きのクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を使う。また、ドキュメント管理/ワークフロー管理ソフト「SAP Extended Enterprise Content Management by OpenText for SAP S/4HANA」も採用する。

関連記事

Special

-PR-

第一実業、SAP S/4HANAを採用、スクラッチ開発の契約管理システムを刷新産業用機械のサプライヤである第一実業は、グローバル経営管理基盤として「SAP S/4HANA」を採用した。システムの構築とプロジェクト管理は、アイ・ピー・エス(IPS)が実施する。SAPジャパンとIPSが2019年8月20日に発表した。

PAGE TOP