[新製品・サービス]

キヤノンMJ、WebブラウザとWi-Fiを内蔵した小型プロジェクタ「ミニプロジェクターC-13W」

2019年8月26日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は2019年8月26日、手のひら大の小型プロジェクタの新製品「ミニプロジェクターC-13W」を発表した。本体に無線LAN接続機能とWebブラウザを搭載しており、パソコンを接続することなくWeb画面を閲覧して投影できる。2019年10月上旬から販売する。価格(税別)は、キヤノンオンラインショップでの販売価格で4万9800円。

 ミニプロジェクターC-13Wは、手のひら大の小型プロジェクタ装置である(写真1)。パソコンとHDMIで接続することによって、パソコンの映像をフルHD解像度で入力して投影できる。

写真1:ミニプロジェクターC-13Wの外観写真1:ミニプロジェクターC-13Wの外観
拡大画像表示

 さらに、本体にAndroid OSを搭載しており、パソコンを接続しなくても自前で動画/静止画や文書データを投影できる。ビジネスのプレゼンテーションで必要になる、Office文書とPDFを閲覧するための文書ビューアも標準で搭載している。

 動画ファイルや文書ファイルは、内蔵メモリー(4Gバイト)、USBメモリー、MicroSDカードから読み取って表示(投影)できる。これらのストレージから読み取るデータについては、4K解像度まで入力できる。

 無線LAN接続機能とWebブラウザも内蔵している。これにより、パソコンを接続することなく、Webブラウザ画面を投影して、Web画面を閲覧できる。別のAndroid OSの画面をミラーリング投影する使い方もできる。

 電源は、電源アダプタ(12V、3A)による供給に加え、バッテリ(7.4V、3100mAh)を内蔵した。電源アダプタを接続せずに最長2時間のバッテリ駆動ができる。さらに、スマートフォンの充電不足時にはモバイルバッテリとしても機能する。

 投影する画面サイズは、最小16.1インチ(投影距離0.5メートル)~最大97インチ(投影距離3メートル)。縦方向の台形補正を行う機能も備える。外形寸法は、幅120×奥行き120×高さ33ミリメートル、重さは410グラム。明るさは最大130ルーメン(電源アダプター接続時)。動作温度は摂氏0度~35度。

関連記事

Special

-PR-

キヤノンMJ、WebブラウザとWi-Fiを内蔵した小型プロジェクタ「ミニプロジェクターC-13W」キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は2019年8月26日、手のひら大の小型プロジェクタの新製品「ミニプロジェクターC-13W」を発表した。本体に無線LAN接続機能とWebブラウザを搭載しており、パソコンを接続することなくWeb画面を閲覧して投影できる。2019年10月上旬から販売する。価格(税別)は、キヤノンオンラインショップでの販売価格で4万9800円。

PAGE TOP