[新製品・サービス]

NES、カメラ映像から人物の性別や年齢層を推定するライブラリが組み込み機器(Linux/Android)でも動作

2019年9月2日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECソリューションイノベータは2019年9月2日、定点カメラによる映像から人物を検出し、顔画像から性別や年齢層を自動的に推定するソフト「FieldAnalyst」の新版を発表した。開発キット「FieldAnalyst SDK」の稼働環境を広げ、Windows版だけでなくLinux版とAndroid版を追加した。同日付けで提供を開始した。販売目標は、今後1年間で1億円。

 FieldAnalystは、カメラの映像から人物を検出し、顔画像から性別や年齢層を自動的に推定する、人物像分析ソフトである。同機能をアプリケーションに組み込むための共有ライブラリ(FieldAnalyst SDK)を中核に、来場者の客層を分析するアプリケーション「FieldAnalyst for Gate」など、用途ごとにアプリケーションを提供している。

 今回、FieldAnalyst SDKの稼働環境を増やした。直近ではWindows版の共有ライブラリしか提供していなかったが、新たにLinux版とAndroid版の共有ライブラリを用意した。これにより、パソコンだけでなく、POS(販売時点情報管理)レジや自動販売機などの組み込み機器においても、人物像を分析できるようになった。

写真1:「FieldAnalyst for Gate EX」の検出イメージ(出典:NECソリューションイノベータ)写真1:「FieldAnalyst for Gate EX」の検出イメージ(出典:NECソリューションイノベータ)

 今回さらに、来場者の客層を分析するアプリケーションであるFieldAnalyst for Gateに屋外版「FieldAnalyst for Gate EX」を追加した。屋外版では、人物がさす傘を検出して、人物として認識する。これにより、雨天時においても、より正確な来場者数をカウントできるようになった(写真1)。

 価格(税別)は、以下の通り。FieldAnalyst SDKの開発ライセンスは、人物・顔検出開発ライセンスが150万円、年齢性別推定開発ライセンスが100万円、装着物・笑顔推定開発ライセンスが100万円。FieldAnalyst SDKのランタイムライセンス(商用)は、人物・顔検出商用ランタイムライセンスが30万円、年齢性別推定商用ランタイムライセンスが20万円、装着物・笑顔推定商用ランタイムライセンスが 20万円。

 FieldAnalyst for Gate EXの価格は、サーバーライセンスが20万円、カメラライセンスが40万円、顔装着物推定オプションが20万円、笑顔推定オプションが10万円、スタッフ検出オプションが20万円、グループ属性推定オプションが20万円。

関連記事

Special

-PR-

NES、カメラ映像から人物の性別や年齢層を推定するライブラリが組み込み機器(Linux/Android)でも動作NECソリューションイノベータは2019年9月2日、定点カメラによる映像から人物を検出し、顔画像から性別や年齢層を自動的に推定するソフト「FieldAnalyst」の新版を発表した。開発キット「FieldAnalyst SDK」の稼働環境を広げ、Windows版だけでなくLinux版とAndroid版を追加した。同日付けで提供を開始した。販売目標は、今後1年間で1億円。

PAGE TOP